仙台油麩の山椒すき焼き風・きのこのオリーブオイル蒸し

仙台油麩の山椒すき焼き風

昨年、初めて仙台油麩を食べて以来、すっかり虜になってしまった僕。他の麩には無いコクと満足感がもうたまりません!本当に美味しいお麩です。

そんなお気に入りのお麩をメインに、ご飯にもお酒にも合うような煮物を作ってみました。ちょっと甘辛めの山椒がピリリと効いた味付けが油麩の中まで染みて、一口噛めばじゅわっと幸せが広がります。

今回は、仙台油麩の山椒すき焼き風、きのこのオリーブオイル蒸しをご紹介。


★仙台油麩の山椒すき焼き風の作り方


  1. かつお昆布だしをとっておく。

  2. 下仁田ねぎは斜め切りにする。

  3. 鍋にサラダ油を少量ひき、牛肉を炒める。

  4. 牛の色が変わったら下仁田ねぎを加え、油を回すように炒める。

  5. 1のかつお昆布だしをひたひたになるくらいまで入れ、みりんを加えて煮立たせる。

  6. アクが出てきたら取りながら中火で煮る。

  7. しばらく煮たらしょう油、実山椒を加え、更に煮る。

  8. ねぎと牛肉に味が浸みたら、輪切りにした油麩をそのまま加える。

  9. 油麩にまでしっかり煮汁が浸みたら出来上がり。

  • 今回は甘味ととろみの強い下仁田ねぎを使いましたが、玉ねぎや泥ねぎなどお好みで使い分けてください。
  • 油麩にしっかり浸みこませることを考慮し、味付けは気持ち控えめに。煮汁ごとじゅわっと食べたときに丁度良く仕上げます。
  • ほんのり甘辛い中に山椒のピリッとした風味が香り、全体を引き締めてくれます。
  • 今回は美味しい油麩がメイン。牛やねぎのいいだしをしっかり吸わせます。ただのお麩とは思えない満足感を味わえます。油麩、おすすめです!

きのこのオリーブオイル蒸し


★きのこのオリーブオイル蒸しの作り方


  1. お好きなきのこは一口大に切るか割く。豆腐は一口大に、長ねぎは斜め切りにする。

  2. 電子レンジ対応の容器に、きのこ、ねぎ、豆腐を並べる。

  3. 塩少々、コショーを掛け、酒または白ワイン、オリーブオイルを少量回し掛ける。

  4. ラップをして電子レンジで5~6分程加熱する。

  5. 蒸したてをポン酢に付けて頂く。

  • 今回は、初めて見る「大黒本しめじ」という立派なしめじが売っていたので、それを使用してみました。使うきのこはお好みでどうぞ。
  • いつもは昆布を敷いてちり蒸しにするのですが、今回はオリーブオイルを加えてちょっとアレンジ。少量使うことで風味が良くなり、コクも出てより美味しくなります。
  • コショーを効かせるのがポイント。ポン酢とオリーブオイルやコショーは意外と相性が良く、いつもとは違った美味しさを楽しめます。