秋の香りのごろごろアラビアータ・トマトのマスカルポーネサラダ

秋の香りのごろごろアラビアータ

なんだか無性にアラビアータが食べたくなり、珍しくスーパーに行く前からメインが決まっていました。いつものようにマッシュルームを買おうかなときのこ売り場に行ったところ、見切り品の松茸が380円で売っているのを発見。

見切り品なので、そのまま焼いて食べるのにはどうかなぁ?という感じでしたが、普通のきのことしては十分使えそう。じゃあ安いし、マッシュルーム代わりに使ってみよう!と思い立ち、他の具もレンコンや里芋と、少し和を意識した野菜にしてみました。

意外とトマトソースと松茸の相性もよく、雰囲気としてはとっても濃い味のブラウンマッシュルームを入れたような感じ。松茸の持つ香りとダシがソースに染み出て、旨味の濃いトマトソースになりました。

同じく見切り品の、サシの入った半額ステーキ肉を叩いてひき肉代わりに使ったので、お値段の割には大満足な仕上がりになりました。見切り品も賢く使えば大活躍です。

今回は、秋の香りのごろごろアラビアータ、トマトのマスカルポーネサラダをご紹介。


★秋の香りのごろごろアラビアータの作り方


  1. 玉ねぎ、里芋、なすは角切りに、ニンニクはスライスする。松茸は手で一口大に裂く。

  2. レンコンは角切りにして酢水にしばらく浸ける。

  3. 牛肉は包丁で好みの細かさまで叩く。(無ければ牛ひき肉でOK)

  4. フライパンに多めのオリーブオイルをひき、松茸を入れて炒める。

  5. 松茸に火が通ったら、油をよく切りボールに取り出しておく。

  6. 5のオイルにニンニクを加え、じっくり弱火で炒める。

  7. 香りがしっかりたったら、ちぎり入れた鷹の爪、牛肉を加えて炒める。

  8. 牛がほぐれたら玉ねぎを加えて炒める。

  9. 玉ねぎが透き通ってきたら、里芋、レンコンを加えて軽く炒め合わせる。

  10. なす、トマト缶、コンソメを加えて中火で煮る。

  11. 根菜類に火が通り、好みの濃度に煮詰まったら、塩、コショー、バジルで味を調える。

  12. 炒めておいた松茸、茹でたパスタを加えてよく絡める。

  • 里芋のぬめりが気になる場合は、塩で揉み洗いします。
  • 松茸の食感を残すため、一緒に煮るのではなく、炒めたものを最後に合わせました。また、最初に松茸を炒めることで、オリーブオイルに松茸の風味を移すことができます。
  • 里芋、レンコンは火が通りにくいので、少し小さめに切ったほうがいいかもしれません。
  • なすの食感をバッチリ残したい場合は、ソースが煮詰まり始めたくらいで入れます。
  • 牛の塊肉を包丁で叩いて使うと、ひき肉とは全く違った肉感が出て、食べ応えのあるソースになります。お肉が安く売っていたら、一度お試しあれ。

トマトのマスカルポーネサラダ


★トマトのマスカルポーネサラダの作り方


  1. ニンニク、玉ねぎはみじん切りにする。トマトは厚めにスライスする。

  2. マスカルポーネチーズに、ニンニク、玉ねぎ、塩、コショー、バジル、オレガノ、タイム、オリーブオイル少々を加え、よく混ぜる。

  3. トマトの上に2を載せ、その上から生ハムをトッピングする。

  • 玉ねぎは細かくみじん切りにしてそのまま加えることで、独特の辛味と風味を活かします。
  • とても簡単にできますが、パンや野菜のディップや、ステーキのトッピングなど、色々なものに活用できそう。これを塗ってサンドイッチを作っても美味しいかもしれません。