豚のにんにく土手鍋風

豚のにんにく土手鍋風

この日は、無性に味噌鍋が食べたくなり、メニューはあっという間に確定。でもいつもの味噌鍋じゃつまらないし、と考えていると、土手鍋を思い出しました。

うちでは牡蠣はNG食材(涙)なので、味噌と相性の良い豚を合わせることに。豚の味噌鍋はこれまでも作っていましたが、鍋肌に味噌を塗り炙って焦がすだけで、香ばしい風味が加わり違う美味しさになるんですね。同じ調味料でも手順が違えば味が変わる。料理ってやっぱり面白いです!

今回は、豚のにんにく土手鍋風をご紹介。


★豚のにんにく土手鍋風の作り方


  1. 白菜の芯は短冊切りに、葉はざく切りにする。

  2. にらはざく切り、豆腐、豚バラスライス肉はひと口大に切る。

  3. ボールに味噌、おろしにんにく、みりん、砂糖、すり胡麻を入れてよく混ぜる。

  4. 土鍋の縁に3の味噌をたっぷり目に塗る。

  5. 鍋つかみで鍋を逆さにして持ち、コンロの火で味噌に焦げ目が付くまで炙る。

  6. 土鍋を元に戻し、昆布、水、白菜、豆腐を入れて火に掛ける。

  7. 沸騰したら強めの弱火にし、白菜に火が通るまで煮る。

  8. 白菜が煮えたら、豚バラ肉、にらを加えてさっと煮る。

  9. 食べるときは鍋肌の味噌を具に付けるようにしながら、味噌を溶かしつつ食べる。

  10. 〆はぜひうどんで!美味しい味噌うどんになります。

  • ポイントは、土鍋の縁に味噌を塗り、火であぶって焦がすこと。このひと手間だけで香ばしさが生まれます。
  • 今回は豚により合うよう、すり胡麻とにんにくをプラス。これらも炙ることで香りが良くなります。
  • 今回は、味噌は信州味噌で作りました。お好みで八丁味噌を混ぜても。