豚軟骨と根菜のトマトシチュー

豚軟骨と根菜のトマトシチュー

大根って、おろしで使うにしても、煮物に使うにしても、思った以上にボリュームがあるので、2人で食べきるには意識的に消費しようとしないとなかなか無くならないですよね。それでも、半分のものを買うよりお得なので買ってしまいます。

なので、またまた大根消費メニューの登場です。おろしや和風の煮物ばかりだとどうしても飽きてしまうので、今回はトマトシチューにすることに。大根は洋風や中華風のだしにもしっかり合ってくれるので、何だかんだで気付いたら結局使い切ってしまいます。

今回は、そんなじゅわっと美味しい大根入りシチューに、豚軟骨をプラス。豚軟骨といっても生のものでは無く、ベーコン状に加工されたもの。

初めて使う食材でしたが、圧力鍋で30分程度煮るだけで、何とも言えないコリッとしためちゃくちゃ嬉しい食感に。ベーコンのように燻されているので、だしを使わなくてもこれひとつで思い切り美味しいスープの出来上がり。

それにしても軟骨のあの食感、何であんなに美味しいんだろう。これはもうおでんにも入れるしかあるまい。すっかりお気に入りの食材になりました。

今回は、豚軟骨と根菜のトマトシチューをご紹介。


★豚軟骨と根菜のトマトシチューの作り方


  1. ベーコン状に加工された豚軟骨を5mm程度の厚さに切る。

  2. 圧力鍋に1の豚軟骨を入れ、かぶる程度の水を加えて蓋をし、強火に掛ける。

  3. 蒸気が上がったら弱火に落とし、30分加圧した後火を止めて自然放置する。

  4. 大根は厚く切って皮を剥き、適当な大きさの角切りにしてラップに包み、電子レンジで加熱する。

  5. 玉ねぎはくし形切りに、ごぼうはたわしで洗って乱切りにする。

  6. 鍋にオリーブオイルをひき、潰したにんにくを加えて弱火に掛ける。

  7. にんにくの香りがたったら大根を加え、強めの弱火にする。

  8. 油跳ねに注意しながら、大根に軽く焼き色が付くまで両面を焼く。

  9. 玉ねぎ、ごぼうを加えて油を回すようにしながら炒める。

  10. 3の圧力鍋のピンが下がったら、煮汁ごと鍋に加える。

  11. トマト缶、ローリエを加えて煮込む。

  12. 野菜に火が通り、大根にしっかり味が浸みるまで煮込む。

  13. 好みの具合まで煮えたら、塩、コショーで味を調える。

  • 今回の一番のポイントは豚軟骨。圧力鍋なら簡単にコリコリとした適度な食感まで柔らかくすることができます。ベーコンより脂が少ないので、あっさりとしながら旨味たっぷりのスープがとれます。
  • 大根は下茹でしてから両面をしっかり焼くことで、余分な水分を抜いて身を凝縮させ、味の入りも良くなります。
  • 加える野菜はお好みで。今回は同じくストックのあったごぼうを使いましたが、なすやズッキーニ、じゃがいもなどでも。
  • このままでも十分美味しいですが、お好みで粉チーズや唐辛子調味料(タバスコなど)を振るとまた違った美味しさになります。