春キャベツと桜えびのペペロン炒め・新玉と牛のカレー南蛮風

春キャベツと桜えびのペペロン炒め

あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまった桜。気が付けば新年度に入り、色々と忙しい日々を過ごしています。

そんな中でも、何とかちょっとした春を感じたいと、この時期は特に春野菜を良く使うようにしています。色や香り、食感で春を感じる。忙しい毎日だからこそ、こんなちょっとしたことで癒されることもあります。

そんな春野菜のひとつ、春キャベツ。ギュッとしまった冬キャベツとは違い、緑の鮮やかな葉がふわっと丸くなっている姿は、見るからに柔らかくて美味しそう。この時期ならではのご馳走です。

今回は、そんな春キャベツを桜えびと合わせ、大好きなペペロンチーノ味にしてみました。桜えびとにんにくの香ばしさが、春キャベツの優しい美味しさを引き立ててくれました。

今回は、春キャベツと桜えびのペペロン炒め、新玉ねぎと牛のカレー南蛮風をご紹介。


★春キャベツと桜えびのペペロン炒めの作り方


  1. 春キャベツはざく切りにする。にんにくはみじん切りにする。

  2. フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを加えて弱火に掛ける。

  3. にんにくの香りがたったら鷹の爪をちぎり入れる。

  4. 強火にして春キャベツを加え、塩を振って一気に炒める。

  5. 仕上げに釜揚げ桜えびを加え、塩、コショーで味を調える。

  • ペペロンチーノはシンプルで一番好きなパスタ。炒め物に応用しても、素材の味を邪魔せずしっかり楽しむことが出来ます。今回も春キャベツの優しい甘さをたっぷり楽しむことが出来ました。
  • にんにくが焦げないよう、弱火でじっくり香りをだし、強火にしたらすぐに春キャベツを投入します。炒め合わせるときも焦げないようよく混ぜながら炒めます。
  • 塩を振ると早く炒め上がるので、手早く一気に仕上げるようにします。
  • 桜えびの香ばしさがにんにくの風味とピッタリ。今回は釜揚げを使いましたが、無い場合は乾燥でもOK。その場合は硬いので、加える量を調整して下さい。

新玉と牛のカレー南蛮風


★新玉ねぎと牛のカレー南蛮風の作り方


  1. 新玉ねぎはくし形切りにする。牛すき焼き用はひと口大に切る。

  2. 鍋に少量のかつおだしを入れて火に掛け、みりんを加えて煮立たせる。

  3. 新玉ねぎ、牛を加えて蓋をし、中火で煮る。

  4. 新玉ねぎが透き通ってきたらしょう油、カレー粉を加える。

  5. 味がなじむまでさっと煮て、水溶き片栗粉でとろみを付ける。

  • こちらも大好きなカレー南蛮。今回は麺を抜いておつまみにしました。新玉ねぎの甘さと柔らかさがとろみのあるつゆとピッタリです。
  • 煮過ぎると牛が硬くなり、新玉ねぎも溶けてしまうので、中火でさっと煮て仕上げます。
  • お好みで七味を掛けるとより美味しくなります。