ローズマリー風味のチキンレッグ・生ハムと干し柿のオードブル・ぷちぷち♪クリームチーズカナッペ

ローズマリー風味のチキンレッグ

メリークリスマス!今年のクリスマスはどう過ごされるご予定ですか?僕はたまたま23・24日と休みだったので、23日はちょっといい目のワインを買い、チキンやオードブルを作っておうちクリスマスをしました。賑やかな外で過ごすのもいいですが、おうちでまったりもいいですよね!

今日は、昨日作った3品、ローズマリー風味のチキンレッグ、生ハムと干し柿のオードブル、ぷちぷち♪クリームチーズカナッペをご紹介します。

今夜は毎年恒例になったとらふぐ亭での晩ご飯へ行ってきます~!皆さんも良いクリスマスになりますように・・・


★ローズマリー風味のチキンレッグの作り方


  1. 鶏骨付きもも肉の皮の部分にフォークを刺し、味が染み込みやすくする。

  2. バットに、おろしニンニク、塩、砂糖少々、コショー、ローズマリー、オリーブオイルを入れてよく混ぜ、1の鶏肉にまんべんなく馴染ませる。

  3. 鶏の皮を下にし、落としラップ(漬けだれと鶏の表面にぴったり密着させる)をして冷蔵庫で1日寝かす。

  4. ジャガイモ、トマトはくし型切りにする。

  5. ブロッコリーは小房に分け、ラップに包んで電子レンジで加熱し、硬めに下茹でしておく。

  6. 天板(うちは取っ手の取れるフライパン)に漬けておいた鶏肉を皮を上にして置き、ジャガイモを並べ、漬けだれを回し掛ける。

  7. 200℃に予熱しておいたオーブンに入れ、20分焼く。

  8. 20分経ったら、トマト、ブロッコリーを加え、更に20分焼く。

  9. 20分経ったらブロッコリーを取り出し、肉汁を全体に回し掛け、オーブンのグリル機能に切り替え10分程度焼く。

  10. 鶏の皮に焼き目が付き、パリッとなったら出来上がり。盛り付ける際は出た肉汁を回し掛ける。

  • 一晩漬けておくことで、味が浸みこむだけでなく、ジューシーで柔らかな仕上がりになります。
  • お店のチキンは甘辛だれが多いのですが、今回はシンプルに塩とローズマリー、オリーブオイルの香りで楽しんでみました。これなら大きめなチキンでも飽きることなく食べられます。
  • 漬けだれに砂糖を少々加えるのがポイント。まろやかになり、皮もぱりっとしやすくなります。
  • ブロッコリーは焦げやすいので、あらかた火を通しておき、途中で取り出します。
  • 漬けだれの塩加減は気持ち控えめに。一晩置くことで味はしっかり入りますし、焼く際に肉汁やトマトの旨味が詰まった汁が混ざるので、それ自体をソースにして食べられるような塩加減にします。
  • 今回は、クリスマスカラーにしたかったので、ブロッコリーとトマトを選びました。その他にもマッシュルームなど、一緒に焼く野菜はお好みで。

生ハムと干し柿のオードブル


★生ハムと干し柿のオードブルの作り方


  1. パプリカをすりおろし、オリーブオイル、塩、コショー、バジルを加えてソースを作る。

  2. モッツァレラチーズ、干し柿は生ハムの枚数に合わせて一口大に切る。

  3. 生ハムを1枚ずつ剥がし、チーズと干し柿を載せて包む。

  4. 皿に盛り付け、周りにベビーリーフを飾り、1のソースを載せる。

  • 料理に果物が苦手な方(酢豚にパイン、サラダにみかんやりんご・・・などなど)にはお勧めしませんが、思いつきで作った割には結構おいしく出来ました。
  • 生ハムの塩辛さが干し柿の甘さを引き立て、モッツァレラチーズがまとめ役となり、シャンパンに合うオードブルに仕上がりました。
  • 干し柿は食感を考慮し、硬いものより柔らかいあんぽ柿などを選ぶといいでしょう。
  • こちらもクリスマスカラーにしたかったので、パプリカのソースを掛けてみました。生ハム自体に塩分がかなりあるので、味付けは控えめに。

ぷちぷち♪クリームチーズカナッペ


★ぷちぷち♪クリームチーズのカナッペの作り方


  1. クリームチーズに、とんぶり、塩、コショー、バジル、オリーブオイル少々を加え、練るようにしてよく混ぜる。

  2. パプリカはみじん切りにする。

  3. サンドイッチ用のパンを4等分に切り、オーブントースターでカリッと焼いておく。

  4. 焼いたパンに、1のチーズを載せ、みじん切りのパプリカを飾る。

  • メインのチキンに手間が掛かっているので、その他のオードブルは簡単で美味しいものを。あっという間にできちゃいます。
  • とんぶりは臭みが無いので、たっぷり入れても大丈夫。そのほうがプチプチした食感を楽しめます。
  • とんぶりは畑のキャビア。本物のキャビアはこのようには使えませんが、とんぶりなら気軽に使えます。ぷちぷちした食感が、カリカリのパンによく合い、食べていて楽しいひと品です。
  • これまたクリスマスカラーにしたかったので、緑のとんぶりに合わせるために赤いパプリカを載せました。もし売っていれば、赤いとびっ子を載せてもいいかもしれません。