ピリ辛中華風ぶり照り・いんげんと玉ねぎのツナサラダ・九条ねぎのコンソメ煮浸し

ピリ辛中華風ぶり照り

この日は、久々にちゃんとしたご飯のおかずを作ってみました。最近おつまみ系に凝っていたので、かなり久しぶり。

今回は、ピリ辛中華風ブリ照り、いんげんと玉ねぎのツナサラダ、九条ネギのコンソメ煮浸しのご紹介。


★ピリ辛中華風ブリ照りの作り方


  1. しょう油、オイスターソース、みりん、砂糖、豆板醤、中華スープの素、おろししょうがを合わせ、ブリの切り身を30分ほど浸ける。

  2. フライパンにごま油をひき、1をタレごと入れて焼く。

  3. 半分ほど火が通ったら裏返し、更に焼く。

  4. タレが好みの濃度まで煮詰まったら出来上がり。

  • いつもの照り焼きをちょっとひと工夫。ごま油やオイスターソースでコクがでるので、あまり脂の載っていない魚でも美味しくいただけます。
  • 浸けダレの味付けは気持ち薄めに。最後に煮詰めることを考慮します。
  • 浸けダレは少なめにします。あまり多いと、煮詰まるまで時間がかかり、魚がパサパサになってしまいます。

いんげんと玉ねぎのツナサラダ


★いんげんと玉ねぎのツナサラダの作り方


  1. 玉ねぎは薄くスライスし、水にさらしておく。

  2. いんげんは5等分程度に切り、さっと塩茹でする。

  3. ボールに、水を切った玉ねぎ、いんげん、ツナ缶を入れ、塩、コショー、バジル、オリーブオイル、マヨネーズで和える。

  • 玉ねぎの食感の中に、いんげんのシャキッとした食感がアクセントになります。
  • 塩、オリーブオイルを加えることで、マヨネーズの使用量を減らすことができ、クリーミーさも増します。
  • コショーをしっかり効かせることで、締まりのある味になります。

九条ねぎのコンソメ煮浸し


★九条ネギのコンソメ煮浸しの作り方


  1. 九条ネギ、油揚げは一口大に切る。

  2. 鍋に少量のお湯を沸かし、コンソメ、塩、みりん、コショー、しょう油少々で味を決め、油揚げを煮る。

  3. 油揚げに味が浸みたら、九条ネギの茎の部分を入れてしばらく煮る。

  4. 九条ネギの葉の部分を加えたら、さっと混ぜてひと煮立ちさせる。

  • いつもの煮浸しばかりだと飽きてしまうので、今回はコンソメ風味にしてみました。野菜の甘味がよく引き出されます。
  • 洋風な中にも、みりんとしょう油で香り付けをすることで、ご飯に合うようになります。