大根葉の梅じゃこ炒め・鶏肝と大根のマキシマム炒め

大根葉の梅じゃこ炒め

最近また野菜が高いなぁ。そんなことを思いつつスーパーへ行ってみると、見事な葉っぱが目を引く葉付き大根を発見。いやいや、きっと高いはず。そう思いつつ値段を見ると、198円と納得の価格。もちろん迷わず、カゴへと入れます。

ということで今回は、大根を使った2品。大根葉は色々な使い方ができますが、やっぱり一番のお気に入りはごま油炒め。独特の風味とちょっとした辛味が油とよく合い、ご飯やお酒が止まらなくなります。

そして本体である大根は、鶏レバーとハツと一緒にペペロンチーノ風に。味付けは宮崎の誇る万能調味料、マキシマム。大根の甘味と肝の旨味をまとめてくれ、これまた呑兵衛には堪らないひと品になりました。

ということで今回は、大根葉の梅じゃこ炒め、鶏肝と大根のマキシマム炒めをご紹介。

★大根葉の梅じゃこ炒めの作り方


  1. 大根葉は繊維を断ち切るように細かく刻む。梅干しは種を取りたたいておく。

  2. フライパンにごま油をひき、大根葉を炒める。

  3. しんなりしてきたら、ちりめんじゃこ、酒、しょう油を加えて炒り煮にする。

  4. 火が通ったら火を止め、炒りごま、梅干しを加えて混ぜる。

  • 梅干しは火を止めてから加えることで、酸味が飛びすぎないようにします。
  • 梅干しの塩分を考慮し、しょう油の量を加減してください。

鶏肝と大根のマキシマム炒め

★鶏肝と大根のマキシマム炒めの作り方


  1. 大根は拍子木切りに、にんにくはスライスする。

  2. 鶏のハツは開いて血を取り除き、繊維に沿って細切りにする。レバーも同様に細切りにする。

  3. フライパンに多めのオリーブオイルをひき、大根、にんにくを炒める。

  4. 大根が透き通ってきたらちぎった鷹の爪を加え、辛味が出るまで炒める。

  5. レバー、ハツを加えて火が通るまで炒め、仕上げにマキシマムを加えて味付けする。

  • 今回は柔らかい大根だったので、食感を活かすために拍子木切りにしました。鶏肝も細切りにし、食感を合わせました。
  • マキシマムが無い場合は、普通の食塩で味付しても。シンプルなアーリオオーリオに仕上がります。
  • 今回はハツ付きのレバーを使いましたが、お好みで砂肝でも美味しく作れそうです。