牛ときのこのオイスター煮込み・たっぷり野菜の和風じゃこおかか炒め

牛ときのこのオイスター煮込み

ここ数日、なんだか無性に牛の旨煮を食べたくなってしまい、なかなかおさまらないので作ることにしました。

大好物、というメニューではないのですが、この「無性に食べたくなる病」は何なのでしょうかね?一旦食べたくなると、食べるまで治らないのです。困ったものです。

この日は椎茸が安く売っていたので、椎茸とエリンギを入れてみました。牛とオイスターソースの旨味をきのこがたっぷり吸って、とっても美味しい煮物になりました。

今回は、牛ときのこのオイスターソース煮込み、たっぷり野菜の和風じゃこおかか炒めをご紹介。


★牛ときのこのオイスターソース煮込みの作り方


  1. 牛煮込み用肉は一口大に切る。椎茸は傘を4等分の削ぎ切りに、軸は縦にスライスする。エリンギは半分に切りそれぞれをスライス、筍は一口大に、にんにくは厚めにスライスする。

  2. 鍋にお湯を沸かし、中華スープの素、オイスターソース、しょう油、砂糖、紹興酒を加えて味を決め、切った具材を全て入れて弱火で煮込む。

  3. 牛肉が柔らかくなり、好みの煮詰まり具合になったら、コショーで風味付けし、水溶き片栗粉でとろみを付ける。

  • 今回はきのこに旨味をしっかり吸わせたかったので最初から投入して煮ましたが、食感を残したい場合は後から入れてください。
  • 煮汁の濃さは、煮詰まることととろみを付けて絡みやすくなることを考慮して加減してください。
  • 牛肉と相性のいいオイスターソースを効かせた旨味たっぷりの煮物になりました。そのまま食べるだけでなく、しょう油ラーメンに載せたり、ご飯にかけてどんぶりにしても美味しそう。

たっぷり野菜の和風じゃこおかか炒め


★たっぷり野菜の和風じゃこおかか炒めの作り方


  1. 青梗菜は芯と葉に分けて一口大に、にんじんと玉ねぎはスライスする。

  2. 中華鍋またはフライパンにごま油をひき、強火に掛ける。

  3. しっかり温まったらにんじんを加える。

  4. 油が回ったら玉ねぎを加える。

  5. にんじん、玉ねぎに8割方火が通ったら、青梗菜の芯を加える。

  6. 青梗菜の葉を加え、ちりめんじゃこ、かつお節、塩、コショーで味付けし、よく混ぜる。

  7. 最後に鍋肌にしょう油を回し入れ、風味付けする。

  • 使う野菜はお好みで。今回は全て別の用途であまった野菜を使いました。
  • ちりめんじゃことかつお節から旨味がしっかり出るので、味付けは塩としょう油のみのシンプルなものにしました。野菜の香りや甘さが引き立ちます。
  • さっぱりシンプルな味付けで、炒めることで嵩も減るので、野菜をたっぷり摂ることができます。