博多風水炊き(Ⅰ世・手羽先ver.)

手羽先を煮込んで作る博多風水炊き(初代)

今回は博多風の水炊きをご紹介!意外と簡単にあの「白濁スープ」の水炊きができるんです。


  1. 鍋に多めの水と、鷄手羽先(冷凍の安いのでOK)を入れる。土鍋1杯分で手羽先800g~1kgが目安。

  2. 中火に掛け、アクを丁寧に取りながら1時間程煮込む。

  3. 手羽先がすっかり柔らかくなったら、鍋の中で手羽先を泡立器でよく砕き、さらに1時間程煮込む。

  4. 時折泡立器でさらに砕きながら、好みの濃度、分量になるまで煮込んだらスープは完成。

  5. 好みの野菜、豆腐、キャベツ、鷄もも肉は食べやすい大きさに切り、万能ねぎは小口切りにする。

  6. 鷄ももひき肉に、卵、万能ねぎ少々、塩、こしょう、しょうゆを加えてよく混ぜ、鷄団子のタネを作る。

  7. 土鍋にスープを網で漉し入れて煮立たせ、鷄もも肉、鷄団子(スプーンで成型しながら入れる)、野菜、豆腐を入れて煮る。

  8. シメは雑炊で!

  • 葉ものは白菜ではなく絶対キャベツ!これはオススメ。
  • 鷄ガラでスープを取ると時間がかなりかかりますが、手羽先なら短時間で手軽にできます。コラーゲンたっぷりでいいですよ!