ヒガシマルでごまスコしょっつるねぎま鍋

ヒガシマルでごまスコしょっつるねぎま鍋

この日は相方さんが仕事のためひとりご飯。それならガッツリ海鮮系のお鍋にしてやろう!と思ったのですが、そんな時に限って美味しそうな魚介があまり並んでいません。

そんな魚売り場で見つけた救世主、まぐろのぶつ。これはもうねぎま鍋を作れということだと思い、ヒガシマルのうどんスープを使って簡単手抜きのねぎま鍋を作ることに。

お湯にうどんスープを溶かして薄口しょう油を、と思ったところで目に入ったのがしょっつる。そうだ、しょっつるはお鍋にするくらいだからしょう油の代わりに垂らしてみよう。しょっつるは魚醤だからきっとごまスコも合うに違いない、垂らしてみよう。そんな調理途中の思い付きで適当ねぎま鍋が完成。

いざ食べてみると・・・。なにこれ、美味しいじゃん!と我ながらびっくり。ごまスコは食べるときに加えるか最後まで悩んだのですが、鍋のだしに垂らして大正解。ほんのりとした辛さとスパイスの香りが、まぐろとねぎの淡白な旨味を邪魔しません。

適当に組み合わせたものが想像を超えて美味しくなる。いやぁ、やっぱり料理って楽しいですね。今回は、ヒガシマルでごまスコしょっつるねぎま鍋をご紹介。


★ヒガシマルでごまスコしょっつるねぎま鍋の作り方


  1. 長ねぎは斜め切り、春菊はざく切り、豆腐はひと口大に切る。

  2. 鍋にお湯を沸かし、ヒガシマルうどんスープ、しょっつる、ごまスコを加えて味を調える。

  3. 2に長ねぎを加えて柔らかくなるまで煮る。

  4. 食卓でまぐろぶつ、豆腐、春菊を煮ながら食べる

  5. 〆は細うどんや雑炊で。

  • もうレシピとは言えないような、切って煮るだけメニュー。味付けも既製品頼みですが、これがシンプルでとっても美味しい。もうヒガシマル手放せません。
  • ねぎを先に柔らかくしてから他の具材を煮ることで、まぐろに火が通り過ぎるのを防ぎます。
  • しょっつるは入れすぎるとクセが出るので、味をみながら好みの量を加えてください。