ひらめと九条ねぎのにんにく昆布蒸し焼き・せせりとしいたけのオイスター炒め・釜揚げしらすと油揚げの鬼おろし煮

ひらめと九条ねぎのにんにく昆布蒸し焼き

これまで全く見ることの無かったひらめの加熱用切り身ですが、ここ最近よく目にするようになってきました。お値段も少し安くなり、きっと近所のスーパーではそこそこ売れているのでしょう。

前回、ひらめを煮付けにしてみましたが、結構身が締まっており思った以上に淡白な仕上がりに。煮付けはやはりかれいが向いているのかなぁ、なんて思いましたが、肉厚で新鮮そうなひらめを見つけてしまうと、どうしてもカゴへと入れてしまいます。

そこで今回は、蒸し焼きにしてふっくらと仕上げてみることに。しっとりと蒸されたひらめは口どけがよく、ぽん酢で食べれば暑い季節でもさっぱりと頂けます。

脂分が少ない分、くせも少ない。ひらめはムニエルや蒸し物などに向いているのかもしれません。とにかく、上品な白身で美味しかった♪

今回は、ひらめと九条ねぎのにんにく昆布蒸し焼き、せせりとしいたけのオイスター炒め、釜揚げしらすと油揚げの鬼おろし煮をご紹介。


★ひらめと九条ねぎのにんにく昆布蒸し焼きの作り方


  1. ひらめ切り身の片方の断面に昆布を載せてしばらく馴染ませる。

  2. 九条ねぎはざく切りに、にんにくはスライスする。

  3. 平鍋(またはフライパン)に九条ねぎを敷き詰め、にんにくを散らした上に1のひらめを載せる。

  4. 塩少々、コショー、ごま油少々を振り、少量の水を回し掛ける。

  5. 蓋をして強火に掛け、蒸気が上がってきたら強めの弱火に落とす。

  6. ひらめに火が通り、九条ねぎの香ばしい香りがしてきたら火を止めて皿に盛る。

  7. 仕上げに適量のポン酢を掛け、コショーで香り付けする。

  • 今回は少量の水と九条ねぎの水分でひらめを蒸しました。九条ねぎには若干の焦げ目が付き、香ばしい香りが楽しめます。
  • 火が強すぎると九条ねぎが焦げてしまうので注意します。ひらめが肉厚で火が通りにくい場合は、様子を見て途中で水を足します。
  • 淡白なひらめに、九条ねぎやにんにくの香りが良く合います。にんにくは多く入れすぎないようにします。
  • 今回は香辛料としてコショーを使いましたが、お好みで仕上げにもみじおろしを載せても。

せせりとしいたけのオイスター炒め


★せせりとしいたけのオイスター炒めの作り方


  1. せせりはひと口大に切る。しいたけは角切りにする。

  2. フライパンにごま油をひき、せせり、しいたけを炒める。

  3. せせりに火が通り始めたら、しょう油、みりん、オイスターソース、コショーを加える。

  4. 水分を飛ばすようにしながら炒め、味を絡める。

  • お気に入りの食材せせりを、今回はしいたけと合わせました。オイスターソースのコク旨仕上げで、ごはんにもお酒にも合います。
  • 今回はコショーを加えましたが、お好みで豆板醤を加えても。

釜揚げしらすと油揚げの鬼おろし煮


★釜揚げしらすと油揚げの鬼おろし煮の作り方


  1. 大根は皮を剥き、鬼おろし器でおろす。

  2. 油揚げは適当な幅に切る。

  3. 鍋に鬼おろし、釜揚げしらす、油揚げ、地海苔を加えて火に掛ける。

  4. 大根から水分が出はじめたら、しょう油を加えて混ぜさっと煮る。

  • これはしらすおろしをアレンジしたらどうなるか、と妄想してできたひと品。さっと煮ることで大根の辛味が抑えられ、さっぱりした中にも甘さを感じさせたっぷりと食べられます。
  • 味付けはしょう油のみでOK。大根の甘味、釜揚げしらすと地海苔の塩気と旨味で十分美味しくなります。