ほたてと厚揚げの炒め煮・山東菜と豚バラのペペロン炒め

ほたてと厚揚げの炒め煮

スーパーで立派な刺身用の殻付きほたてが半額で売っているのを発見。さぁどうやって食べようかと考えましたが、今回は煮物にすることに。

ひもや卵から出るほたての美味しいだしを良く吸ってくれるよう、厚揚げと糸こんにゃくを組み合わせ。ちょっとだけ濃いめの味付けで、何となく懐かしいような、しみじみと美味しい煮物になりました。色々工夫するのも楽しいですが、シンプルな美味しさも良いものですね。

今回は、ほたてと厚揚げの炒め煮、山東菜と豚バラのペペロン炒めをご紹介。


★ほたてと厚揚げの炒め煮の作り方


  1. ほたては殻から外してウロ(きも)を捨て、ひも、卵、貝柱に分ける。貝柱とひもは食べやすい大きさに切る。

  2. 厚揚げは半分に切る。

  3. 鍋にごま油をひき、糸こんにゃくを炒める。

  4. 糸こんにゃくに弾力が出てきたら、厚揚げ、ほたてを加えてさっと炒める。

  5. 全体に油が回ったら、少量の水、みりん、しょう油を加えて落し蓋をし、弱火で味が浸みるまで煮る。

  6. 皿に盛り、好みで七味を振り掛ける。

  • 今回はほたてだしをシンプルに味わうため、だしは使いませんでした。ほたてからしっかり味が出るよう、他の具材と一緒にじっくり煮ます。
  • 糸こんにゃくは、使う前に下茹でしたほうが味の浸みが良くなります。
  • 落し蓋をして少な目の煮汁で煮ることで、ほたてから出ただしが薄まらず具材にしっかり浸みこみます。
  • 時間があれば、煮て一旦冷ました方が一層味が浸みて美味しくなります。

山東菜と豚バラのペペロン炒め


★山東菜と豚バラのペペロン炒めの作り方


  1. 山東菜、豚バラスライス肉は適当な長さに切る。にんにくはみじん切りにする。

  2. 中華鍋またはフライパンにオリーブオイルをひき、弱火でにんにくを炒める。

  3. にんにくの香りがたったらちぎった鷹の爪を加える。

  4. 中火にして豚バラ肉を加え、色が変わるまで炒める。

  5. 強火にして山東菜を加えてさっと炒め、塩、コショーで味を調える。

  • 僕の大好物、菜っ葉のペペロンチーノ味炒め。今回は初めて山東菜を使ってみました。シャキッとした食感がたまりません。
  • 今回はあっさりとした山東菜に合わせて豚バラ肉を使いましたが、ベーコンを使っても美味しそう。