新じゃがと厚揚げのちりめん山椒煮・九条ねぎとビアソーのわさびナムル

新じゃがと厚揚げのちりめん山椒煮

この日はとても美味しそうな新じゃがを発見したので、ごろっと大きめに切って煮物にすることに。どんな味付けにしようかなと悩んでいたところ、冷蔵庫にちりめん山椒がたくさんあるのを思い出しました。

そこで今回は、ちりめん山椒を使って旨味と爽やかな刺激のきいた煮物にすることに。ちりめん山椒自体にも味が付いているので、味付けはヒガシマルうどんスープと風味付けの薄口しょう油のみ。たったこれだけですが、想像以上に上品で奥行きのある美味しい煮物になりました。

本当にヒガシマルは便利。こんなことなら自分でだしを取るのもバカらしくなってしまいそう。でもまぁ手作りには手作りの良さもありますからね♪

今回は、新じゃがと厚揚げのちりめん山椒煮、九条ねぎとビアソーのわさびナムルをご紹介。

★新じゃがと厚揚げのちりめん山椒煮の作り方


  1. 新じゃがは半分に、にんじんは乱切りに、厚揚げは適当な厚さに切る。

  2. 鍋に水、ちりめん山椒、ヒガシマルうどんスープを入れて溶かし、切った具材を入れる。

  3. 落し蓋をして火に掛け、煮立ったら弱火にして火が通るまで煮る。

  4. 味をみて、薄口しょう油少々で風味付けする。

  • ちりめん山椒によって味の濃さが違うので、ちりめん山椒やうどんスープの量で調整してください。
  • 弱火でじっくり煮ることで、具材にちりめんの旨味や山椒の爽やかな香りがいきわたります。
  • ちりめん山椒を買って余りそうになった時におすすめの使い方。ヒガシマルとの相性もバッチリ、旨味の濃い深い味に仕上がります。

九条ねぎとビアソーのわさびナムル

★九条ねぎとビアソーのわさびナムルの作り方


  1. 九条ねぎは細い斜め切りにする。ビアソーは細切りにする。

  2. 鍋にお湯を沸かし、もやし、九条ねぎをさっと塩茹でしてざるにあける。

  3. しっかりと湯切りをしてボールに移し、ビアソー、塩、わさび、炒りごま、ごま油少々を加えてよく和える。

  • 茹でて熱いうちに和えたほうが、味の馴染みがよくなります。
  • ビアソーに塩分が含まれているため、塩は控えめに。
  • 九条ねぎは細い斜め切りにすることで、食感を残しつつ適度に柔らかく食べやすくなります。