かつおのなめろうつみれ煮・さっぱり牛のおろポンステーキ

かつおのなめろうつみれ煮

お酒のつまみにもってこいのなめろう。最近は旬のかつおで作ることが多いのですが、この日は大きな柵を買って作ったので、たくさんできました。なめろうだけで食べるにはちょっと多すぎる量なのでひと工夫。

いつもはオーソドックスにグリルで焼いてさんが焼きにするのですが、今回は趣向を変え、つみれのようにして煮物にしてみました。なめろうからしっかりダシが出て、とってもおいしい薄味の煮物ができあがりました。

今回は、鰹のなめろうつみれ煮、さっぱり牛のおろポンステーキをご紹介。


★鰹のなめろうつみれ煮の作り方


  1. 昆布は1cm程度の角切りにし、水を張った鍋に浸けておく。

  2. ネギ、しょうがはみじん切りにする。

  3. かつおはぶつ切りにし、ネギ、しょうが、味噌、しょう油を加え、包丁で混ぜながら好みの加減になるまで叩く。

  4. 大根は厚めに切って皮をむき、4等分にしたものをラップに包み、電子レンジで加熱して下茹でしておく。豆腐は一口大に切る。

  5. 1の鍋を火に掛け、沸騰したら3のなめろうをスプーンで団子状にしながら投入し、表面が固まったら取り出しておく。

  6. 5のダシに、塩、みりん、薄口しょう油を加えて味を調え、大根、豆腐を加えて煮る。

  7. 具材に味が浸みたら5のつみれを鍋に戻し、つみれが温まったら皿に盛り付ける。

  • 生で食べられるかつおなので、火を通しすぎないように気をつけます。
  • 今回は食感を残したかったので、粗めに叩きました。粘りが出るまでしっかり叩けば、おでんの具にするような密度の高いつみれができます。
  • 先にダシでつみれを茹でることで、なめろうからのダシを煮汁に移します。
  • なめろうのほうにしっかり味が付いているので、煮汁の味付けは若干薄めに。

さっぱり牛のおろポンステーキ


★さっぱり牛のおろポンステーキの作り方


  1. 豆苗は3等分に切り、沸騰したお湯でさっと茹でる。

  2. 大根は皮をむき、鬼おろし器で卸し、軽く水気を切る。

  3. 小ネギは小口切りにする。ニンニクはスライスする。

  4. フライパンに少量のごま油をひき、弱火でニンニクをじっくり揚げ、ニンニクがきつね色になったら取り出す。

  5. 4のフライパンを強火に掛け、焼肉用牛モモ肉を並べ、塩、コショーを振る。

  6. 焼き目が付いたら裏返し、さっと焼く。

  7. 皿に豆苗、ステーキ、鬼おろし、ネギ、ニンニクチップを盛り付け、上からフライパンに残った肉汁と、たっぷりのポン酢を掛ける。

  • 今回はさっぱりの中にもコクと香りを出したかったので、ニンニクをチップにし、油にも香りを移しました。ポン酢の爽やかさにニンニクごま油のコクがプラスされ、より風味が豊かになります。
  • お肉の焼き加減はお好みですが、ミディアム程度にしたほうが柔らかく仕上がり、野菜と一緒に食べやすいと思います。
  • 合わせる野菜はお好みで。三つ葉やみょうが、大葉などもいいでしょう。もやしやきゅうりの千切りをしけば、更にボリュームが出ます。