きのこと大根の塩昆布煮ゆず胡椒風味

きのこと大根の塩昆布煮ゆず胡椒風味

今年は梅雨明けが異様に早く、夏が随分早くやってきました。暑い日が続き、大雨にも見舞われましたが、9月に入りすでに秋の気配を感じる日が続いています。

この時期に窓を開けてからっと涼しいなんて、何年ぶりなんだろう。今後残暑がぶり返してきそうですし、台風も来るかもしれないので油断大敵ですが、何となく小さい頃の東京の気候に戻ったような、過ごしやすい9月な気がしています。

そうなってくると、いよいよおつまみも夏メニューから秋物へ。きのこやさんまに目が行くようになってきます。今年はなんといってもさんまが高い。初物が出て以来ずっと食べたかったのですが、やっとこの日、自分の中で折り合いが付く値段まで下がってきたので、今年初の家さんまを楽しみました。

さんまに合わせるのは、だだちゃ豆と、きのこの煮物。どれも夏でも売っているものですが、これを買いたくなるのが秋、そして食べて感じるのが秋。普段の食事でも四季を感じられる、日本って恵まれた場所ですね。

今回は、きのこと大根の塩昆布煮ゆず胡椒風味をご紹介。


★きのこと大根の塩昆布煮ゆず胡椒風味の作り方


  1. 大根は適当な厚さに切り、皮を剥いて6等分に切る。

  2. 大根をラップに包み、電子レンジで加熱し下茹でする。

  3. 舞茸、大黒しめじは小房に分ける。

  4. 鍋に下茹でした大根を入れ、ひたひたの水と塩昆布を加える。

  5. 落し蓋をして弱火に掛け、芯まで味が浸みるまでじっくり煮る。

  6. 大根に味が浸みたら舞茸、しめじを加える。

  7. きのこに火が通ったらゆず胡椒を溶き入れる。

  8. 最後に水溶き片栗粉でとろみを付ける。

  • 味付けは塩昆布のみ。塩昆布を作る過程で塩やしょう油、砂糖など煮物に必要な調味料が使われているので、これひとつで美味しい煮物に仕上がります。もちろん、だしは昆布からしっかり出てくれます。
  • きのこは食感を活かすために仕上げに加えます。しいたけやえのきなどを加えても。
  • ゆず胡椒は香りが飛ばないよう最後の段階で加えます。