ピィヤーシ風味の紅玉カマン

ピィヤーシ風味の紅玉カマン

紅玉りんご。昔からある品種だけど、酸っぱいって聞くし。お菓子作りにはもってこいらしいが、生食には・・・。ということで、今まで自分で買って食べる機会が全くありませんでした。

ですがこの日、なぜか火を通したりんごを無性に食べたくなる病を発症。そんなときにタイミングばっちり、いつも売っていない紅玉をスーパーで発見。早速手に取り、帰っておつまみに変身させることに。

一緒に合わせたのは、程よい塩味と風味のあるカマンベールチーズ。紅玉りんごの甘酸っぱさとの相性は間違いなく、ワインが進む仕上がりに。シナモンの代わりに適当に加えた八重山のスパイス、ピィヤーシもまたいい仕事をしてくれました。

それにしても紅玉りんご、火を通しても食感がもっさりせず、酸味もきちんと残ってくれる。そして何より、皮が旨い。本当に加熱向きのりんごなんだなぁ。また見つけたら買おう♪ちょっとだけ新しい発見をし、得した気分になりました。

ということで今回は、ピィヤーシ風味の紅玉カマンをご紹介。

ピィヤーシ風味の紅玉カマンの作り方


  1. 紅玉りんごは薄いいちょう切りにする。

  2. 切ったりんごを袋に入れ、砂糖をまぶしてなじませる。

  3. フライパンにバターを溶かし、2のりんごを炒める。

  4. 好みの具合まで火が通ったら味見をし、砂糖、ピィヤーシで味を調える。

  5. 器にカマンベールチーズをちぎり入れ、4を熱いうちに載せる。

  • りんごは断然紅玉がおすすめ!食感と酸味が活き、他のりんごにはない爽やかさがチーズによく合います。
  • 紅玉なら皮も剥かずにそのままでOK。渋みもなく、厚すぎずでも程よく感じる食感がいいアクセントになります。
  • 今回は石垣土産のピィヤーシを使いました。ふんわりとした香りとちょっとしたスパイシーさが、ワインにピッタリ合います。