たけのこの麻婆春巻・レバーとパクチーのオイスター炒め

たけのこの麻婆春巻

一度解禁してしまうと、やっぱり僕は揚げ物好きなんだなぁ、と実感する今日この頃。以前からは考えられない頻度で揚げ物が食卓にあがっています。食べ過ぎかなぁ、なんて心配にもなりますが、健康診断でも半年前より痩せたし、腹囲も減ったし、今のところは影響なし。ホッとしています。

家で揚げ物を作る醍醐味といえば、やはり揚げたてが食べられるというところ。さくさくの食感は何物にも代えがたいご馳走です。特にその食感が強く味わえるのが春巻。こればかりは買ってくるお惣菜では、そのサクサク感は味わえません。

この日も無性に春巻が食べたくなり作ることに。普通のも良いかなと思いましたが、同じく無性に麻婆豆腐も食べたくなったので、麻婆味にすることにしました。春巻の具により合うよう、豆腐の代わりにたけのこをたっぷりと入れ、ひと口食べると、サクッと、じゅわっと、シャキッとの、食感が美味しい春巻になりました。

今回は、たけのこ麻婆春巻、レバーとパクチーのオイスター炒めをご紹介。


★たけのこ麻婆春巻の作り方


  1. たけのこは短冊切りに、長ねぎは太めの千切りに、にんにく、しょうがはみじん切りにする。

  2. 中華鍋(またはフライパン)にごま油をひき、にんにく、しょうがを炒める。

  3. 香りがたったら豆板醤を加え、辛味が出るまで炒める。

  4. 豚ひき肉を加え、ほぐしながら炒める。

  5. ひき肉に火が通り油が透き通ったら、たけのこ、長ねぎを加えてさっと炒め合わせる。

  6. 水、味覇、オイスターソース、みりんを加えて煮立たせ、たけのこに味を絡ませる。

  7. 仕上げに中国山椒(花椒)、コショーを加えて混ぜ、水溶き片栗粉を加える。

  8. しっかりととろみが付くまで煮たら、ボールやバットに移し、粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やし固める。

  9. 春巻きの皮に8の具を適量包み込む。

  10. 170℃の油できつね色になるまで揚げる。

  • 今回は皮10枚分に合わせたため、具材を最小限にしましたが、一緒に春雨を加えるともっと美味しくなりそうです。
  • サクッと包まれた中から出てくる、とろっとした麻婆ソースがたまりません。花椒の香りもふわっと広がります。

レバーとパクチーのオイスター炒め


★レバーとパクチーのオイスター炒めの作り方


  1. 鶏レバーはひと口大に、パクチーはざく切りに、にんにくは厚めにスライスする。

  2. 鶏レバーに唐揚げ粉をまぶす。

  3. 中華鍋(またはフライパン)にごま油をひき、にんにくを炒める。

  4. 香りがたったら、豆板醤を加えて辛味が出るまで炒める。

  5. 2のレバーを加え、両面を焼きつけるようにしながら、中火で火が通るまで炒める。

  6. パクチーを加えたら強火にし、火が通るまで炒める。

  7. オイスターソース、コショーを加えて味を調える。

  • 最近美味しく食べられるようになったパクチーを、生ではなく炒めてみました。炒めるとまた違った印象になります。
  • 今回は余った唐揚げ粉を使いましたが、無い場合はしょう油やコショーなどでレバーに下味を付け、片栗粉をまぶしても。
  • レバーには味がしっかり付いているので、オイスターソースの量はしょっぱくならないように加減します。