マルタイ屋台とんこつ味鍋

マルタイ屋台とんこつ味鍋

夏が過ぎ、涼しいと思える日が増えてきました。もうずっと待ちわびていたこの季節。体が楽になるのはもちろん、あの鉄板メニューに逃げられるのがとっても嬉しいのです。

その鉄板メニューというのは、もちろんお鍋。野菜を種類も量もたっぷりと摂れるし、何より作るのが簡単なのが嬉しいところ。今シーズンは勤務形態も変わったので、お鍋の活躍がこれまで以上に増えそうです。

そんなお鍋の醍醐味といえば、具材の旨味がたっぷりと染み出ただしを使っての美味しい〆。うどんに雑炊、ちゃんぽん麺と様々な〆がありますが、最近お気に入りなのがマルタイ棒ラーメン。

マルタイラーメンは下茹でせずにそのまま鍋に入れても粉っぽくならないという優れもの。さらに添付のスープもシンプルで美味しいため、これさえ買えば鍋のだしに〆の麺にと大活躍。今年はマルタイ鍋の出番が増えそうです。

今回は、マルタイ屋台とんこつ味鍋をご紹介。

★マルタイ屋台とんこつ味鍋の作り方


  1. キャベツはざく切り、生きくらげは細切り、九条ねぎは斜め切り、紅しょうがはみじん切りにする。

  2. 土鍋に水を張り、キャベツを加えて火に掛け、煮立ったら弱火にして煮る。

  3. ボールに豚ひき肉、紅しょうが、卵、砂糖少々、しょう油、オイスターソース、ごま油、コショーを入れてよく混ぜる。

  4. キャベツが柔らかくなったら、3のタネをスプーンで成形しながら鍋に落とす。

  5. 肉団子が煮えたら、マルタイ屋台とんこつ味棒ラーメンの添付のスープ、調味油を加えて溶かす。

  6. 味を見て塩、コショーで調整し、九条ねぎ、生きくらげを加えて火が通るまでさっと煮る。

  7. 〆は残っただしに棒ラーメンを入れて。

  • 今回はとんこつ味に合うよう、肉団子に紅しょうがを加えました。生の生姜よりもしょうがの風味が柔らかく、ちょっとした酸味が肉団子を美味しくしてくれます。
  • チャーシューをイメージし、肉団子の味付けをいつもより若干濃いめにしてみました。普段は入れない砂糖を使い、ほんのり甘辛に仕上げました。
  • いませんでしたが、薬味にごまや辛子高菜を合わせても美味しそうです。