明太こんにゃく・高野豆腐の卵とじ・オクラとじゃこのとろろ焼き・焼き味噌

明太こんにゃく

例年よりはマシとはいえ、やっぱり暑い今日この頃。暑い夏には冷たい蕎麦が恋しくなります。ということで、この日は日本酒に合う肴を並べて冷酒を愉しみ、〆につるっと冷たいつけとろを手繰ることにしました。

つゆはいつもの自家製ダシと返しブレンド。それをダシでのばしたとろろに混ぜていただきます。つゆのレシピはこちら!

今回は、明太こんにゃく、高野豆腐の卵とじ、オクラとじゃこのとろろ焼き、焼き味噌をご紹介。日本酒に合いすぎて、飲みすぎ注意です。


★明太こんにゃくの作り方


  1. 白滝は一口大に切る。明太子は皮から扱き出し、卵だけにしておく。ねぎは薄い斜め切りにする。

  2. フライパンに白滝を入れて中火にかけ、乾煎りする。

  3. 白滝の水分が飛んだら、ごま油を加えてさらにプリッとするまで炒める。

  4. みりん、しょう油少々を加えてよく混ぜ、ねぎを入れる。

  5. ねぎに丁度よく火が入ったら火を止め、明太子を加えて全体に混ざるようよく混ぜる。

  • 白滝は余分な水分をしっかりと飛ばすのがポイント。プリッとした食感が生まれます。
  • 明太子の味加減により、しょう油の量を調節してください。
  • 明太子を入れるのは火を止めてから。余熱だけで丁度よく火が入ります。
  • 辛いのが苦手な方はたらこでも美味しくできます。

高野豆腐の卵とじ


★高野豆腐の卵とじの作り方


  1. 鍋に少量のお湯を沸かし、たっぷりのかつお節を入れてかつおだしをとる。

  2. 三つ葉は3cm程度に切る。

  3. 高野豆腐は軽く水で戻し、1cm程度の角切りにする。

  4. 漉したかつおだしに、みりん、塩、薄口しょう油を入れて味を決め、高野豆腐を加えて中火で味が浸みるまで煮る。

  5. 高野豆腐がしっかり煮含められたら三つ葉を加え、溶きほぐした卵を回し入れ半熟になったら火を止める。

  • サブ的なイメージの強い高野豆腐ですが、卵とじにして煮汁や三つ葉と一緒にいただくことで、食べ応えも出てしっかりとした一品にすることができます。
  • 高野豆腐をしっかり煮含めるのがポイント。半熟卵と一緒にジューシーに仕上げます。

オクラとじゃこのとろろ焼き


★オクラとじゃこのとろろ焼きの作り方


  1. オクラとねぎは小口切りにする。

  2. 鍋に少量のお湯を沸かし、かつお節を入れてかつおだしをとる。

  3. 山芋はすりおろし、少量の漉したかつおだしでのばす。

  4. 3にオクラ、ねぎ、ちりめんじゃこ、卵、塩を加え、空気を入れるようによく混ぜる。

  5. フライパンにごま油をひき、4を流し入れ中火で焼く

  6. 全体が固まり、香ばしい焼き色が付いたら裏返してさらに焼く。

  7. 裏面も焼き色が付いたら皿に盛る。

  • フワッと軽い食感に仕上げるため、少量のダシでのばし、空気を含ませるようにしっかり混ぜるのがポイント。
  • 味付けはシンプルに塩だけで。ちりめんじゃこの塩分により加減してください。
  • 中火で一気に焼くのがポイント。外はカリッと、中はフワトロッに仕上がります。
  • お好みでかつお節やしょう油、ポン酢等を掛けてもGOOD。

焼き味噌


★焼き味噌の作り方


  1. ねぎはみじん切りにする。

  2. 味噌にねぎ、かつおぶし、胡麻、みりん、砂糖、しょう油少々を入れてよく混ぜる。

  3. 百均の木製しゃもじ(焦げてもいいもの)に2を塗り、魚焼きグリルで焦げ目が付くまで焼く。

  • そば屋の定番焼き味噌。手に入れば蕎麦味噌や、蕎麦の実を入れるとさらに美味しくなります。
  • 具が多目、味噌少なめの配分で。味噌が多くなるとしょっぱくて食べられなくなります。
  • 焼くときは、しゃもじが燃えないように気を付けて。