鍋焼き麻婆うどん

鍋焼き麻婆うどん

無性にマーボー豆腐が食べたい!何が何でも麻婆豆腐が食べたい!この日はそんな突発性麻婆症候群に襲われてしまいました。でも帰宅してからご飯を炊くのも時間が掛かるし・・・。ということで手っ取り早く作れるうどんと合わせることに。

ヒガシマルうどんスープでぐつぐつ煮たうどんに、固めのあんに仕上げた熱々の麻婆豆腐をたっぷりと。簡単手抜きメニューですが、食べごたえのある満足な仕上がりになりました。

ということで今回は、鍋焼き麻婆うどんをご紹介。

★鍋焼き麻婆うどんの作り方


  1. にんにく、しょうがはみじん切り、にらはざく切り、長ねぎは薄い斜め切り、豆腐は大ぶりのさいの目切りにする。

  2. 中華鍋にごま油をひき、にんにく、しょうがを弱火で炒める。

  3. 香りがたったら豆板醤を加え、辛味が出るまで炒める。

  4. ひき肉を加えて中火にし、ほぐしながらしっかりと火が通るまで炒める。

  5. ひき肉から出た油が透き通ったら、長ねぎ、にらを加えてさっと炒める。

  6. 全体に油が回ったら、水、オイスターソース、しょう油、コショーを加えて味を調える。

  7. 豆腐を加えて熱くなるまで煮たら、水溶き片栗粉を加えて強めにとろみ付けする。

  8. 土鍋に水、ヒガシマルうどんスープ、しょう油を入れて火に掛け、少な目のうどん出汁を作る。

  9. うどんを加えて既定の時間煮たら火を止め、熱々の麻婆豆腐を掛ける。

  • うどん出汁は少な目、麻婆豆腐のあんは固めにするのがポイント。食べ進めても薄くなりすぎず、麻婆感をしっかりと残せます。
  • 今回はうどんのイメージを残したかったので、麻婆豆腐に中華スープの素は使いませんでした。うどん出汁に加えたヒガシマルが、しっかりとベースを支えてくれます。
  • お好みで卵を落として月見にしたり、溶き卵でとじても美味しそうです。
  • 今回はうどんとの絡みをよくするため、ねぎとにらは敢えて初めに加えて柔らかめに仕上げました。しゃきしゃき感を楽しみたい場合は、とろみ付けの前に加えてください。