なすとさつま揚げの冷たい煮物・豆苗となすのベーコン炒め・まぐろの八丁ユッケディップ

なすとさつま揚げの冷たい煮物

この日は、スーパーに随分と立派なナスが売っていました。丸々と太り、色艶も濃く、いかにも美味しそうだったので、この日のおつまみのメインにすることにしました。

今回は、ナスとさつま揚げの冷たい煮物、豆苗とナスのベーコン炒め、マグロの八丁ユッケディップ油揚げチップ添え のご紹介。


★ナスとさつま揚げの冷たい煮物の作り方


  1. ナスは縦半分、横半分の4等分に切り、皮に格子状に包丁を入れておく。さつま揚げは一口大に切る。

  2. 鍋にお湯を沸かし、たっぷりのかつお節を加えてダシを取り、漉しておく。

  3. 2のダシにみりんを加え、ナスを入れて落し蓋をし、ナスに火が通るまで煮る。

  4. さつま揚げを加え、塩、しょう油で味を付け、味が浸みるまで煮る。

  5. 火を止め、荒熱が取れるまで冷まし、その後冷蔵庫で冷やす。

  6. 皿に盛りつけ、おろししょうがを載せる。

  • ナスが浮くのを押さえ、煮汁がしっかりまわるよう、落し蓋は必ずしてください。
  • ナスの煮加減はお好みで。僕はトロッとしたナスが好きなので、さつま揚げを加える前にしっかりと火を通しました。食感を残したい場合は、さつま揚げを入れるタイミングを早くします。
  • 最初にダシとみりんだけで煮ることで、しっかりとダシの味を染み込ませます。塩分はその後。今回は冷たくしていただくので、気持ち濃い目に味付けしました。

豆苗となすのベーコン炒め


★豆苗とナスのベーコン炒めの作り方


  1. 豆苗、ニラは4cm程度に切る。ナスは縦半分に切った後拍子木切りにする。ニンニクはスライス、ベーコンは1cm幅に切る。

  2. ナスはラップに包み、レンジで加熱しておく。

  3. フライパンにオリーブオイルを引き、弱火でニンニク、ちぎり入れた鷹の爪、ベーコンを炒める。

  4. ベーコンがカリカリになったら強火にし、豆苗、ニラを加えて炒める。

  5. 8割方火が通ったらナスを加え、塩、コショーで味を調え、さっと炒め合わせる。

  • 今回は、ペペロンチーノ風味の炒め物にしました。豆苗やニラ、ナスは中華風にすることが多いのですが、オリーブオイルとニンニク、鷹の爪との相性もバッチリ。いつもと違う美味しさが発見できました。
  • ナスは油を非常に吸うため、あらかじめレンジで下茹ですることで、油の吸収を抑えました。ナスは意外と火が通りにくいので、仕上がりを一緒にするためにも、電子レンジで加熱したほうがいいでしょう。

まぐろの八丁ユッケディップ油揚げチップ添え


★マグロの八丁ユッケディップ油揚げチップ添えの作り方


  1. マグロは粗みじんに切る。ニンニク、しょうがはみじん切りにする。

  2. ボールに、マグロ、ニンニク、しょうが、しょう油、みりん、ごま油、擦りゴマ、砂糖、豆板醤、八丁味噌を入れてよく混ぜ、冷蔵庫でしばらく馴染ませる。

  3. 油揚げは熱湯を回しかけ油抜きをし、半分に切った後破れないように開き、三角に切る。

  4. 3の油揚げを、表面を上に魚焼きグリルに並べ、こんがり香ばしくなるまで焼く。

  5. 2のユッケを盛り付け、真ん中をくぼませ卵黄を載せ、粗みじんにしたニラをちりばめる。

  6. 油揚げチップにユッケを載せながら頂く。
  • 普通のユッケでもいいですが、よりお酒に合うようにしたかったので、ディップ形式にしてみました。ユッケを作るときよりも、マグロは細かめに切ったほうが馴染みがいいです。
  • 油揚げとの相性をよくするため、八丁味噌を加えました。少量加えるだけでも味噌の風味が活き、油揚げの香ばしさと良く合います。
  • 油揚げチップは香ばしくパリッとしているので、いろいろなものを載せて楽しめそう。クラッカーを買って余らせてしまうこともありますが、これなら適量ができるので、いろいろ活用したい一品です。