アスパラとトマトのねぎ味噌炒め・はっさくと赤ピーマンのサラダ

アスパラとトマトのねぎ味噌炒め

今の時期に美味しいアスパラ。太いものは茹でて食べるのが好きですが、細いものは火が通りやすいのでさっと炒めてシャキシャキの食感を楽しんでいます。

今回も美味しそうなアスパラが売っていたため、トマトと合わせて簡単適当な炒め物にすることに。ちょうど家に長ねぎが余っていたので、ねぎ味噌味にしてみました。

アスパラの風味やトマトの甘酸っぱさに味噌のコクが加わり、塩やしょう油とは違った食べ応えのある仕上がりに。卵も加えて、おかずになるしっかりとした一皿になりました。

今回は、アスパラとトマトのねぎ味噌炒めアスパラとトマトのねぎ味噌炒め、はっさくと赤ピーマンのサラダをご紹介。

★アスパラとトマトのねぎ味噌炒めの作り方


  1. アスパラは固い部分があれば皮をむき、適当な長さの斜め切りにする。長ねぎは縦半分に切って薄く斜め切りにする。

  2. トマトは大きめのひと口大に、にんにく、しょうがはみじん切りにする。

  3. ボールに卵を割りほぐし、塩、コショーで軽く下味を付ける。

  4. 中華鍋(またはフライパン)に米油(サラダ油)をひき、溶き卵を加えて半熟になるまで焼いて取り出しておく。

  5. 中華鍋にごま油を足し、にんにく、しょうが、長ねぎを加えて炒める。

  6. 香りがたったらアスパラを加えさっと炒める。

  7. 味噌、みりん、シャンタンDX、コショーを加えて全体をよくなじませる。

  8. 仕上げにトマト、4の卵を加え、卵を軽く崩しながらトマトが温まるまで炒める。

  • 卵は余熱でも火が通るので、半熟状態で取り出し固くなりすぎないようにします。
  • アスパラの太さにより火の通る時間が変わるので、太さによってアスパラを入れるタイミングを早めてください。
  • トマトの酸味を飛ばさないよう、味付けをしてから最後にトマトを加えて手早く仕上げます。

はっさくと赤ピーマンのサラダ

★はっさくと赤ピーマンのサラダの作り方


  1. はっさくは薄皮を剥き、タネを取ってひと口大にちぎる。

  2. 赤ピーマンはせん切りに、ブロッコリースプラウトは根を切り落とす。

  3. ボールにはっさく、赤ピーマン、スプラウトを入れ、塩、コショー、バジル、オリーブオイルを加えて和える。

  • 最近マイブームのはっさくのサラダ。甘すぎず適度な酸味とぷちぷちとした食感が、意外と塩分とよく合います。
  • 今回はパプリカではなく赤ピーマンを使いました。パプリカよりも強いシャキシャキ感と甘すぎない味が、はっさくの爽やかさによく合います。
  • ブロッコリースプラウトを加えることで程よい辛味をプラス。はっさくのちょっとした苦味にピッタリです。
  • 食べる直前に和えればシャキシャキぷちぷちとした食感が楽しめ、和えてからしばらく寝かせればマリネのような味に変化します。お好みで時間を調整してください。