肉豆腐・長芋ととろろ昆布のつるんと和え

肉豆腐

最近居酒屋メニューばっかり作っていたので、たまにはちゃんとしたおかずを作らなきゃ、ということで久々にシンプルおかずに挑戦。梅雨も後半に入り暑さも増してきた今日この頃にピッタリの和え物も添えて。

今回ご紹介するのは、肉豆腐、長いもととろろ昆布のつるんと和えです。


★肉豆腐の作り方


  1. 玉ねぎは12等分程度のくし型切り、しらたきは適当な長さに切る。

  2. 鍋にお湯を沸かしたっぷりのかつお節を入れてかつおだしを取り、漉しておく。

  3. 鍋にサラダ油を薄くひき、玉ねぎ、しらたきを炒める。

  4. 全体に油が回ったらかつおだしを入れ、みりん、砂糖少々を加える。

  5. 木綿豆腐を一口大に手でちぎりながら入れ、中火で煮る。

  6. 玉ねぎに火が通ってきたら、しょう油を加えて味を決め、牛の薄切り肉をばらしながら入れてさっと煮る。

  7. 牛に火が通ったところで火を止め、しばらく冷まし味を含ませる。

  8. 食べる直前に温める。

  • レシピによっては牛のダシを出すために3の段階で投入して炒める場合もありますが、僕はあまり固いお肉は好きではないので、牛は後のタイミングで入れます。
  • 牛肉を入れてちょっとしたら火を止めるのがポイント。緩やかに冷ますことにより味が浸み、牛肉も固くならずにすみます。
  • 豆腐はちぎりいれたほうが味が浸みやすくなります。

長芋ととろろ昆布のつるんと和え


★長いもととろろ昆布のつるんと和えの作り方


  1. オクラは厚めの小口切りにし、さっと茹でておく。

  2. 長いもは皮をむきビニール袋に入れ、めん棒や手で適度に潰す。

  3. ボールにオクラ、長いも、細かくちぎったとろろ昆布を入れ、ポン酢と胡麻を加えてよく混ぜる。

  4. 冷蔵庫でしっかり冷やす。

  • 長いもは荒く潰すことにより味の絡みがよくなり、食感も楽しめます。
  • とろろ昆布は水分を吸うとまとまってしまうので、よく混ざるよう細かくちぎり入れます。
  • 3つともネバネバ食材なので相性GOOD!ポン酢の絡みもとてもいい。また、この粘りは夏バテに良いようなので、食欲の無い暑い日でも、冷たく冷やしてツルンと頂いちゃいましょう。
  • 和え物としてだけではなく、そうめんにトッピングしてもいいかもしれません。