揖保乃糸龍の夢でにら味噌つゆのつけ中華

揖保乃糸龍の夢でにら味噌つゆのつけ中華

先日埼玉県内のスーパーへ行ったところ、揖保乃糸の見慣れたパッケージに入った黄色い麺を発見。なんだろう?と思い手に取ってみると、なんとなんとの中華麺。

素麺といえば揖保乃糸、揖保乃糸といえば日本の夏。そう物心ついた頃から刷り込まれていた僕にとって、揖保乃糸が中華麺を作っていたとはちょっとした驚き。

龍の夢と名付けられたその麺は、見た目は少し太めの黄色い素麺。どうやら素麺と同じく手延べで作っているようで、居てもたってもいられず迷わずカゴへと入れてしまいました。

そしてついに龍の夢が活躍するときが。オーソドックスにしょう油ベースの中華スープや冷やし中華、それとも敢えてそうめんやそばのつゆで?とも考えましたが、ここはひと捻りして味噌ベースのお手軽つゆを作ることに。

スープのベースはかつおだしとシャンタンDXのダブルスープ。なぜかって?つけ麺屋さんがダブルスープだからという単純な理由。ですがそれが功を奏し、思い切り手抜き手軽適当つゆなのに、思った以上の美味しさに。つるつるしこしこ小麦っぽい龍の夢の他にも、ラーメンやうどんにも合いそうなつゆが出来上がりました。

ということで今回は、揖保乃糸龍の夢でにら味噌つゆのつけ中華をご紹介。

★揖保乃糸龍の夢でにら味噌つゆのつけ中華の作り方


  1. にらはざく切りに、長ねぎは短冊切りにする。

  2. 小鍋にかつおだしを沸かし、シャンタンDXをを溶かす。

  3. 2ににら、長ねぎを加えて好みの柔らかさになるまで煮る。

  4. 龍の夢は表示時間通りに茹で、湯切りして水で洗いぬめりを取る。

  5. 仕上げに味噌を溶き入れ、すりごまを加える。

  6. 5のつゆに龍の夢をつけて食べる。お好みでラー油を垂らしても。

  • 何といってもつるっとした喉ごしと強いコシ、ふんわり香る小麦の風味が美味しい龍の夢。その麺の味を損なわないよう、味付けは気持ち薄めにしました。
  • にらとねぎを煮る時間はお好みで。さっと煮てシャキシャキ感や辛味を楽しむのもよし、しっかりにて柔らかさと甘味を楽しんでも。
  • 今回は具をにらとねぎだけにしましたが、お好みでチャーシューやハムの細切りなどを加えても美味しくなりそうです。