きたあかりと葉玉ねぎのポタージュシチュー・アスパラとカラーピーマンの山椒味噌チーサラダ

きたあかりと葉玉ねぎのポタージュシチュー

僕は自分の料理を絶品と褒めることは滅多にありません。だって、ただの素人ですし。でも、今回は絶品と言わせて頂きます!簡単なのに、それもいつもと作り方を少しだけ変えただけなのに、何でこんなに美味しくなるのか。料理って面白いですね♪

今回作ったのは、じゃがいものポタージュシチュー。ポタージュシチューって変な名前だと思いますが、ポタージュスープよりもしっかりとメインだし、普通のシチューでは無くじゃがいものポタージュだし。

いつもはごろごろ残すじゃがいもを敢えて潰してみると、驚くほど適度なとろみが付き、全体にじゃがいもの甘味が行き渡り想像を超える美味しさに。素も小麦粉も使わずに美味しくとろみが付くなんてまさに一石二鳥。これからのうちの定番メニューになりそうです。

今回は、キタアカリと葉玉ねぎのポタージュシチュー、アスパラとカラーピーマンの山椒味噌チーサラダをご紹介。


★キタアカリと葉玉ねぎのポタージュシチューの作り方


  1. じゃがいも(キタアカリ)は皮を剥いて薄いいちょう切りにする。

  2. 葉玉ねぎはざく切りに、鶏せせり(こにく・ネック)はひと口大に切る。

  3. 鍋にバターを溶かし、せせりを加えて炒める。

  4. せせりの色が変わったら、じゃがいも、葉玉ねぎを加え、全体に油を回すようにさっと炒める。

  5. かぶる程度の水、コンソメを加えて蓋をし、強めの弱火で煮る。

  6. じゃがいもがしっかり柔らかくなったら、木べらでじゃがいもをよく潰す。

  7. 蓋を取りとろみが付くまで弱火で煮る。

  8. 仕上げに生クリームを加えて少し煮て馴染ませ、塩、コショーで味を調える。

  • 今回の主役はじゃがいも。美味しいものでないと美味しくできません。今回使ったのは、一定期間寝かせてから出荷される、ねかせキタアカリ。じゃがいものイメージを超える甘味があり、シチューを美味しくまとめてくれました。
  • キタアカリが手に入らない場合は、崩れやすい男爵系のいもを使います。薄く切ることで潰しやすく、時短にもなります。
  • じゃがいもを潰すときに一緒に溶けてしまわないよう、葉玉ねぎは大きめにざく切りにします。
  • 今回は旨味の強い鶏せせりを使いましたが、無い場合は普通のもも肉でも。鶏の代わりにベーコンを使っても美味しくできそう。
  • じゃがいもに対して水が多すぎるととろみが足りなくなるので、生クリームの水分も考慮し気持ち少な目の水で煮ます。
  • 木べらでじゃがいもを潰すと適度に潰れ残しが出るので、とろみの中にちょっとした食感が残ります。
  • シチューのルーを使う時と同じで、潰してから少し煮てとろみづけと全体の馴染を良くします。

アスパラとカラーピーマンの山椒味噌チーサラダ


★アスパラとカラーピーマンの山椒味噌チーサラダの作り方


  1. アスパラは洗って水分を残したままラップで包み、電子レンジで加熱する。

  2. カラーピーマン、ハムは細切りに、加熱したアスパラは薄い斜め切りにする。

  3. ボールに味噌、粉チーズ、レモン汁、オリーブオイル、コショー、バジル、セージ、粉山椒を入れてよく混ぜる。

  4. 3に切った具材を加えて全体をよく和える。

  • 今回は味噌が主体の味付けにしました。粉チーズやハーブ、オリーブオイルを加えると、味噌の持つ和風のイメージが消えて違った美味しさを楽しめます。
  • 粉山椒を加えることで、爽やかな香りと辛味がプラスされます。こうやって使うと、山椒も和のハーブだと実感。