夏野菜のラタトゥイユ風塩麹ミートスパ

夏野菜のラタトゥイユ風塩麹ミートスパ

この日は、久しぶりにメニューが決まらずスーパーをうろうろ。最近はすんなり献立が決まっていたので、一旦暗礁に乗り上げてしまうとなかなか抜け出せなくなってしまいます。

魚売り場と肉売り場とをさんざん行き来した結果、やっと決めたスパゲティー。これなら主食にもなるし、ワインのお供にもなるしと、困ったときの救世主です。

せっかく作るならと、夏野菜メインでシンプルな味付けにし、野菜の美味しさをしっかり楽しめるラタトゥイユ風にしてみました。ひき肉も入れて食べごたえもばっちり、残暑を乗り切る元気を夏野菜からもらえるような仕上がりになりました。

今回は、夏野菜のラタトゥイユ風塩麹ミートスパをご紹介。


★夏野菜のラタトゥイユ風塩麹ミートスパの作り方


  1. なすは角切りにして水に漬けておく。

  2. ピーマン、玉ねぎ、トマトは角切りに、にんにくはみじん切りにする。

  3. フライパンに多めのオリーブオイルをひき、中火でひき肉の表面を焼き付ける。

  4. 焼き色が付いたら裏返し、再び焼き色が付くまで焼き付ける。

  5. 両面に焼き色が付いたらひき肉をほぐし、透明な油が出るまでしっかり炒める。

  6. にんにく、ちぎった鷹の爪を加えて香りが出るまで炒める。

  7. 玉ねぎを加えて半透明になるまで炒め、なすを加えて油を吸わせるように炒める。

  8. ピーマン、トマトを加えて弱めの中火で煮詰めていく。

  9. 好みの具合に煮詰まったら、塩麹、コショー、セージで味を調える。

  10. 茹で上がったスパゲティーに9をたっぷりと掛け、好みで粉チーズやタバスコを掛ける。

  • 以前ラタトゥイユを食べていた際に、これをスパゲティーに掛けたら美味しそうと言われてやってみたひと品。野菜そのものの甘味や旨味をしっかり楽しめ、普通のミートソースよりも軽い仕上がりなので、暑い夏でもしっかり食べられます。
  • いつもはひき肉をふんわり、ジューシーに仕上げるために玉ねぎの後に炒めますが、今回は最低限の味付けのため、ひき肉臭さを出さないようしっかりと焼き付け、炒めました。ひき肉から出た美味しい油を野菜が吸って、野菜も美味しくなります。
  • 今回はくたっと柔らかくなったピーマンを食べたかったため、最初から煮込みました。食感を残したい場合は後から加えます。
  • フレッシュトマトを使い、適度な酸味をきかせたあっさりとした仕上がりにしました。ガッツリトマト系がいい場合は、トマト缶を使います。
  • 野菜やひき肉から旨味がたっぷりと出るので、味付けは塩麹だけでOK。具材の旨味を活かしつつ、適度に自然な甘味、旨味をプラスしてくれます。