ピリ辛新生姜冷しゃぶ・たこと万願寺唐辛子のマリネ・牛と新生姜新玉の塩麹蒸し・新生姜たぬき奴

ピリ辛新生姜冷しゃぶ

しょうがは好きな食材のひとつですが、何故か今まで使ったことの無かった新生姜。あまり日持ちがせず、それでいて大きい、というのも敬遠していた理由のひとつかもしれません。

それでも、やはりしょうが好きとして気になってしまい、今回思い切って買ってみることに。辛味控えめで香りが高く柔らかい。いつも使うしょうがとは全く違った印象に、一気にファンになってしまいました。これなら色々な料理に活かせそう。またひとつ好きな食材が増えました。

今回は、ピリ辛新生姜冷しゃぶ、たこと万願寺唐辛子のマリネ、牛と新生姜、新玉の塩麹さっと蒸し、爽やか新生姜たぬき奴をご紹介。


★ピリ辛新生姜冷しゃぶの作り方


  1. 長ねぎ、新生姜は粗みじんにする。トマトは小さめの角切りにする。みつばは適当な長さに切る。

  2. ボールに新生姜、長ねぎ、トマト、しょう油、豆板醤、酢、砂糖、ごま油を入れて良く混ぜ、冷蔵庫でしばらく寝かす。

  3. 鍋にお湯を沸かし、豚しゃぶ肉をさっと茹で、冷水に取り水気を切る。

  4. 皿にみつばを敷いて豚肉を載せ、2のたれをたっぷり掛ける。

  • これからジメジメしてくる季節。そんなときにさっぱりと食べられる冷しゃぶを、新生姜の香りでさらに爽やかにしてみました。ピリッときかせた豆板醤も加わり、食欲倍増です。
  • たれは冷蔵庫でしばらく寝かせたほうが、新生姜やねぎが良く馴染み美味しくなります。
  • 下に敷く野菜はお好みで。新玉ねぎやシソなどでもOK。

たこと万願寺唐辛子のマリネ


★たこと万願寺唐辛子のマリネの作り方


  1. 刺身用茹でだこはぶつ切りに、万願寺唐辛子は筒切りにする。にんにく、新生姜はスライスし、トマトは一口大に切る。

  2. フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを中火で炒める。

  3. 香りがたったら万願寺唐辛子を加え、油を回すようにしながら炒める。

  4. 万願寺唐辛子に火が通ったら火を止め、たこ、トマト、新生姜を加え、レモン汁、塩、コショー、バジル、セージ、砂糖少々を加えて良く混ぜる。

  5. 皿に移して冷蔵庫でしばらく寝かせる。

  • 良く作るたこのマリネ。今回は肉厚で甘味のある万願寺唐辛子を加えてみました。油との相性がいいのでマリネの食材にピッタリです。
  • 今回はトマトの酸味と新生姜の爽やかさをプラス。色々な香りと食感を楽しめ、一口ごとに楽しめます。
  • 万願寺唐辛子の食感を残すため、炒めすぎないようにします。

牛と新生姜、新玉の塩麹さっと蒸し


★牛と新生姜、新玉の塩麹さっと蒸しの作り方


  1. 新玉ねぎは薄くスライスする。新生姜は千切りにする。

  2. フライパンに新玉ねぎ、新生姜を載せ、塩麹と水少々を回し掛ける。

  3. 牛しゃぶしゃぶ用肉を上に並べて蓋をし、中火に掛ける。

  4. 牛肉に火が通るまで蒸し煮にしたら皿に盛り付け、コショー、ポン酢少々を掛ける。

  • 冷しゃぶの温かいバージョンを作ってみようと思いついて作ってみた一品。冷しゃぶの温かいバージョンというのもなんですが、しゃぶしゃぶともまた違った仕上がりなので、やっぱりそう呼ぶことにしました。
  • さっと蒸し煮にすることで野菜の甘さが引き出され、かさも減ってたくさん食べることができます。手軽な調理法も魅力のひとつです。
  • 冷たいものばかりだと胃腸に良くありませんが、これなら夏でもしゃぶしゃぶ用肉を活用できそう。

さわやか新生姜たぬき奴


★爽やか新生姜たぬき奴の作り方


  1. 木綿豆腐は水切りする。

  2. 新生姜を粗みじんに切り、しょう油、酢、砂糖少々を加えて冷蔵庫でしばらく寝かす。

  3. 豆腐を皿に盛り、すりごま、揚げ玉をたっぷり載せ、2のたれをたっぷり掛ける。

  • 以前テレビで見て美味しそうだったたぬき奴。今回は新生姜を使い爽やかな仕上がりにしてみました。これからの季節にぴったりなおつまみです。
  • 油分のある揚げ玉と合わせるので、水分の少ない木綿豆腐がお勧め。水切りしたほうがより豆腐がしっかりし、揚げ玉や新生姜に負けない仕上がりになります。