白味噌の甘うま辛キムチ鍋

白味噌の甘うま辛キムチ鍋

うちの相方さんは京都出身のため、最近はお正月に食べるお雑煮は白味噌丸餅が定番になってきました。最初は東京のお醤油切り餅もたまには食べたい!とお雑煮プチケンカもしていたのですが、なんだかすっかり白味噌に慣れてしまいました。

今年は僕も2日から仕事だったので、作ってもらったお雑煮は1食分だけ。白味噌が結構残っていたので何に使おうかと思っていたところ、キムチ鍋がいいとのリクエストが。

あの優しい甘さの白味噌をキムチ鍋になんてもったいないかもと思いつつ作ってみると、あのまったりとした優しい甘さがキムチ鍋をより美味しくしてくれました。いつもの刺激的なキムチ鍋とはまた一味違った、優しい甘うまな仕上がりに大満足です。

今回は、白味噌の甘うま辛キムチ鍋をご紹介。


★白味噌の甘うま辛キムチ鍋の作り方


  1. にんにくは厚めにスライス、しょうがは千切りにする。

  2. にらは適当な長さに、油揚げ、豆腐はひと口大に切る。

  3. 土鍋にごま油をひき、弱火でにんにく、しょうが、豆板醤を炒める。

  4. 香りがたったらキムチを加え、中火にして炒める。

  5. キムチの水分が飛んできたら水を加え、白味噌、中華スープの素、しょう油少々、お好みでみりんを加えて味を決める。

  6. にら、もやし、豆腐、豚肉、はまぐり、油揚げなどお好みの具材を煮て頂く。

  • 作り方としてはいつものしまちゅう流キムチ鍋とほとんど同じ。普通の味噌を白味噌に変え、オイスターソースを省きました。
  • 白味噌は今回初めて使った食材。思った以上に甘味があるので、みりんは加えなくてもいいかもしれません。
  • 白味噌を加えることで自然な甘さが加わり、こくと旨味がいつも以上に楽しめます。
  • 〆はちゃんぽん麺がおすすめ。煮詰まっただしが麺に良く絡みバッチリの美味しさです。