スープカレーしまちゅう風

スープカレーしまちゅう風

今回は、久々にスープカレーがどうしても食べたくなり、思い切って初めてのスープカレーに挑戦!市販のダシ類を一切使用せず、素材の旨味だけで作りました。

圧力鍋なら思ったよりも簡単にできちゃいました。もちろん、普通のお鍋でも時間をちょっと掛ければできます。


  1. 圧力鍋に水、鶏ガラ、鶏肉(具になるもの・骨付きがいい)、玉ねぎの荒みじん、香味野菜(セロリやクレソン等)の荒みじん、潰したニンニクを入れて強火にかけ、蒸気が上がったら弱火で15分加圧。

  2. フライパンに多めのオリーブオイルを引き、おろした玉ねぎ、ニンニク、しょうが、ちぎった鷹の爪を弱火でじっくり炒める。

  3. 2がペースト状になってきたら、トマト缶を加えてさらにペースト状になるまで炒める。

  4. 1の圧力鍋が15分経ったら急冷し、大きめの乱切りにしたニンジン、4等分にしたじゃがいもを加えて再度加熱、蒸気が上がったら弱火で4分加圧。

  5. 4分加圧後急冷し、別の鍋に鶏肉、ニンジン、じゃがいもを取り出しておく。

  6. 5に残った鶏ガラを、おたまやへらなどでできるだけ砕き再度加熱、蒸気が上がったら弱火で30分加圧。

  7. 3がペースト状になったら、適量のカレー粉を加えて香りが立つまで炒める。

  8. 30分加圧後急冷し、7のペーストを加えてよく混ぜ、蓋をせず中火で5分ほど煮て馴染ませる。

  9. 5の別鍋に、できたスープを網で潰すように漉しながら移していく。

  10. スープが移し終わったら火に掛け、塩、コショー、ケチャップ、ソースで味をととのえる。

  11. 半分に切ったナス、4等分にしたアスパラを加えて火が通るまで煮る。

  12. 盛り付けたら上からバジルを振り掛ける。

  • 手順は多いように見えますが、圧力鍋を火に掛けている間にペーストを作れば、実際は煮込み時間の分しか掛かりません。
  • 最初に白濁鶏ガラスープを作ってから具材を煮てもいいのですが、今回は時間短縮のため同時進行。鶏肉や野菜に火を通す間に鶏ガラも柔らかくしておきます。
  • 鶏ガラを砕いた後の加圧が重要。ここで白濁するまでしっかり鶏ガラからエキスを抽出しておきます。
  • カレー粉は気持ち多めに。カレー粉を利かせないとただのカレー風味スープになってしまいます。
  • 面倒でない人は、野菜や鶏肉は素揚げするとさらに美味しく。その場合はスープで煮込まず上からスープを掛けるだけでOK。このレシピのように煮て作った場合は、具に味を馴染ませるためにスープで少し煮ましょう。
  • 圧力鍋でなく普通の鍋の場合は、鶏肉が柔らかくなるまで約30分、ガラを砕いた後は中火で1時間程煮込めば同じ状態になると思います。