そら豆と新玉ねぎの春チャウダー・菜の花とスクランブルエッグのサラダ

そら豆と新玉ねぎの春チャウダー

3月も後半に入り、やっと本格的に春らしく暖かい日が増えてきました。心もうきうきといきたいところですが、鼻も目もぐしゃぐしゃ。一番きれいで一番過ごしやすい季節のはずなのになぁ。はぁ、溜め息。今年は舌下免疫治療法を試してやる!!

うちでは、冬の夕飯の半分近くは鍋。手抜きができ、水が冷たい冬に下ごしらえや洗い物が少ないので、どうしても偏ってしまいます。そんな鍋の季節も、暖かい日が増えてくるともうすぐ終わり。春の食材がたくさん並ぶスーパーで、作りたいものが色々と浮かんできます。

今回も、春色の野菜売り場で思いついた適当メニュー。新玉ねぎとそら豆、あさりを合わせてチャウダーを作ることに。新玉の優しい甘さとそら豆の風味がチャウダーに広がり、ふわっと優しい美味しさになりました。

今回は、そら豆と新玉ねぎの春チャウダー、菜の花とスクランブルエッグのサラダをご紹介。


★そら豆と新玉ねぎの春チャウダーの作り方


  1. そら豆は生のまま薄皮を剥いておく。

  2. 新玉ねぎは縦半分に切り、半分を繊維に沿って、残りを繊維に対し直角にして、厚めにスライスする。

  3. 厚切りベーコン(無ければ普通のベーコン)はさいの目切りにする。

  4. フライパンにオリーブオイルをひき、ベーコンを炒める。

  5. ベーコンから油が出たら新玉ねぎを加えてさっと炒める。

  6. そら豆、あさり、全体にかぶる程度の水を加えて蓋をし、中火で煮る。

  7. 常温に戻したバターに小麦粉を入れてよく練る。

  8. 具材に火が通ったら生クリームを加え、塩、コショーで味を調え、さっとひと煮立ちさせる。

  9. 最後に7のブールマニエを加え、ダマにならないように全体を混ぜ、とろみが付くまで煮る。

  • 今回は、あさりやベーコンのだしと、新玉ねぎの甘味が出るので、味付けは塩、コショーのみにしました。これで十分美味しいクラムチャウダーになります。
  • あさりやベーコンによって塩分が変わるので、塩を加える前に味見をして量を加減します。
  • 今回使った食材は全て火が通りやすいため、煮過ぎないようにします。

菜の花とスクランブルエッグのサラダ


★菜の花とスクランブルエッグのサラダの作り方


  1. 菜の花はしばらく水に浸けてからざく切りにし、さっと塩茹でして冷水で締める。

  2. トマトは食べやすい大きさに切る。

  3. ボールに卵を割り入れ、砂糖を加えて溶きほぐす。

  4. フライパンに米油(サラダ油)をひき、卵を加えてスクランブルエッグを作る。

  5. ボールに水気をしっかりと絞った菜の花、スクランブルエッグを入れ、塩、コショー、レモン汁、マヨネーズ少々、ケチャップ少々、マリーシャープス(タバスコ)を加えてざっくりと混ぜる。

  6. 皿に5を盛り、周りにトマトを並べ、マヨネーズを飾り程度に掛ける。仕上げにコショー、粉チーズを振り掛ける。

  • 僕は甘い卵派なので砂糖を使いましたが、お好みで塩に替えても。
  • 卵を余りゆるく仕上げると水っぽくなるので、ある程度は固めに仕上げます。
  • 卵と菜の花、調味料を和える際は混ぜすぎないように注意します。卵のふんわり感が残る程度にします。
  • 味付けのマヨネーズ、ケチャップを加えすぎると、菜の花や卵の味を消してしまうので、入れすぎには注意します。