春色なのはな畑ちらし

春色なのはな畑ちらし

暖かくなってきた今日この頃。僕が春を感じる一番のポイントは、風の香りですかね。春独特の柔らかい優しい香りがします。そんな陽気に誘われ食卓も春らしくと、ちょっと工夫してみました。

今日のメインは菜の花畑ちらし。作り方は簡単。


  1. 菜の花は洗って3等分に切り、水につけておく。

  2. 鍋に湯を沸かし、15分ほど水につけた菜の花を1分ほど塩ゆでする。(茎から先に投入する。)

  3. 茹でた菜の花を冷水でよく冷やし、水気をよく切る。

  4. 少量のだし汁、薄口しょう油を混ぜ、そこによく絞った菜の花を入れて和え、下味程度のおひたしにしておく。

  5. 卵に砂糖を加え軽く混ぜ、サラダ油を熱したフライパンに入れ、細かめの完熟炒り卵を作る。

  6. 酢に少量の塩、多目の砂糖を加え、甘めの寿司酢を作る。

  7. 硬めに炊いたご飯に、6の寿司酢を加え手早く切るように混ぜ寿司飯を作る。

  8. 全ての材料の荒熱が取れたら、大きめの皿に寿司飯、ちりめん山椒、炒り卵、菜の花の順に盛り付けて完成。

  • 炒り卵の黄色が、まるで菜の花みたいでとってもきれいです。菜の花はかる~くおひたしにしておくと、味がボケなくてとってもグッド!
  • 卵が甘いのもアクセント。うちは小さいころから卵は甘いものと決まっていました。これは家庭差がでるところなんですよね!
  • ちりめん山椒が無ければ、お好みの佃煮やでんぶ、鮭のほぐし身やかに缶の煮たものなど、ちょっとだけ塩分の強いものであればお好みでオッケー。味の要になる部分なのでお気に入りの食材を。

 

今日はその他に、厚揚げと人参・鶏ひき肉の煮物あんかけ風、鶏のお吸い物で献立完成!いつものご飯をちらしにしてみるだけで、目先が変わっていいもんですね!