牛すじと春野菜のとろとろオーブン焼き・桜えびのペペロン炒め

牛すじと春野菜のとろとろオーブン焼き

桜が咲いてからもしばらく寒かった東京ですが、ここに来て急に暖かい日が続くようになりました。本当に寒かった今年の冬も、もう完全に終わりですね。こうなってくると、何となく外へ出たくなり、気分もうきうきしてきます。

そんな春真っ盛りな風を食卓にも。ということで今回も春野菜や桜海老を使った料理を2品。あっという間に季節は変わってしまうので、今のうちに今美味しい食材をたっぷり楽しみたいですね。

今回は、牛すじと春野菜のとろとろオーブン焼き、桜海老のぺペロン炒めをご紹介。


★牛筋と春野菜のとろとろオーブン焼きの作り方


  1. 牛すじは一口大に切り、圧力鍋で30分ほど加圧して自然放置する。

  2. 春キャベツはざく切りに、新玉ねぎは8等分程度のくし型切りに、にんにくは厚めのスライスにする。

  3. 圧力鍋のピンが下がったら蓋を開けて牛すじを取り出し、ゆで汁は捨てて鍋を洗う。

  4. 洗った鍋に牛すじを戻し、玉ねぎ、キャベツ、にんにく、ちぎった鷹の爪、トマト缶、塩麹、コショー、ローズマリーを入れて中火に掛ける。

  5. 鍋底でグツグツ煮える音がし始めたら弱火にし、焦げないよう時折混ぜながら煮込む。

  6. 野菜がとろとろに煮えたら火を止め、熱いうちに耐熱皿に移す。

  7. 中心をおたまでへこませ、周囲に溶けるチーズを載せる。

  8. へこませた部分に卵2個を割り入れ、粉チーズ、コショー、バジルを掛ける。

  9. オーブンのグリル機能で15分ほど、焦げ目がついて卵が半熟になるまで焼く。

  • 火を通すととろとろ、甘~くなる春キャベツと新玉ねぎ。その美味しさを味わうため、今回は水を加えず野菜の水分だけで煮込みました。
  • 今回は塩麹を使いましたが、無い場合は普通の塩でもOK。
  • 野菜と牛すじの旨味を凝縮させたかったので、今回は蓋をせずに煮ました。最初は本当に水が出てくるのかな?と心配になる状態ですが、焦がさないよう弱火でじっくり待てば、野菜からたっぷり水分が出てきてしっかり煮えてくれます。
  • チーズに焦げ目をつけつつ卵を半熟に仕上げるため、今回はグリル機能を使用しました。オーブンと違い全体を熱するわけではないので、具材は熱いうちに盛り付け、オーブンに入れます。

桜えびのペペロン炒め


★桜海老のぺペロン炒めの作り方


  1. サラダほうれん草は適当な長さに切る。新玉ねぎはスライス、にんにくはみじん切りにする。

  2. フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを弱火でじっくり炒める。

  3. 香りが十分に立ったら鷹の爪をちぎり入れ、桜海老(生または釜揚げ)を加えて強火にする。

  4. 桜海老の香ばしい香りが出たらほうれん草、玉ねぎを加えてさっと炒め合わせ、塩で味を付ける。

  • 香ばしさが美味しい桜海老。スーパーで生を売っているのを初めて見て思わず購入。シャキシャキ感が美味しい野菜と一緒に、シンプルなペペロンチーノ味で炒めました。
  • 今回は生桜海老を使いましたが、釜揚げ桜海老でもOK。ただ、生を使うと茹でこぼしていない分海老からしっかり旨味が出ます。生桜海老、もっと売ってくれないかなぁ。
  • 野菜のシャキシャキ感を楽しむため、生でも食べられるサラダほうれん草を使用しました。まだちょっと生かな?という程度で盛り付ければ、余熱で丁度良く火が通ります。