鯛とスプラウトの揚げ玉ぽん酢和え・大根とにんじんのじっくりソテー

鯛とスプラウトの揚げ玉ぽん酢和え

いつものことながら、スーパーに行ってはその場で適当に思いついたおつまみで飲む毎日。自分で思いつく範囲の組み合わせなので、大抵は予想通りかちょっとだけ上を行くような出来上がりがほとんど。

今回の二品も、ちょっとだけ上を行った、そんな出来栄え。でも、特に目新しさやおしゃれさは無いのですが、食べてみるとじんわりと美味しく、何となく自分では初めての味。

手を変え品を変え、苦し紛れに日々工夫する適当おつまみでも、たまにアレ?なんか美味しい。と思うものができあがる。それも目分量料理の楽しいところですね♪

今回は、鯛とスプラウトの揚げ玉ポン酢和え、大根とにんじんのじっくりソテーをご紹介。


★鯛とスプラウトの揚げ玉ポン酢和えの作り方


  1. ブロッコリースプラウトは根を切り落とし、適当な長さに切る。

  2. 刺身用鯛は厚めに切る。

  3. ボールに鯛、スプラウト、揚げ玉、ぽん酢、もみじおろしを入れて和える。

  • 出ました、レシピと言えない簡単適当メニュー。切って和えるだけですが、揚げ玉を加えることでコクと食感がプラスされ、いつもとは違った鯛のお刺身を楽しめます。
  • 和えたてを食べれば揚げ玉のカリッと感が残り、しばらく置けばポン酢を適度に吸った揚げ玉が楽しめます。
  • 油っぽすぎると美味しくないため、天かすよりも既製品のさくさくの揚げ玉を使った方がいいかもしれません。

大根とにんじんのじっくりソテー


★大根とにんじんのじっくりソテーの作り方


  1. 大根は厚めのいちょう切り、にんじんは厚めの半月切り、ソーセージは輪切りにする。霜降りひらたけは適当に割く。

  2. フライパンに米油(サラダ油)をひき、大根、にんじんを弱火でじっくりと焼く。

  3. 表面にしっかりと焼き色が付いたら裏返し、再び弱火でじっくり焼く。

  4. 焼き目が付いて火が通ったら、ソーセージを加えて炒め合わせる。

  5. ソーセージが香ばしくなったら、ひらたけ、バター、塩、コショー、バジルを加えてさっと炒め合わせる。

  • 今回のポイントは、厚めに切った大根とにんじんを、生から鉄のフライパンでじっくりと焼くこと。大根は余分な水分が抜けてしっかりとし、にんじんは砂糖でも振ったかのような甘さに。焼くだけでご馳走に変身です。
  • バターは入れすぎるとしつこくなるので、仕上げに風味付け程度に加えます。