鯛と新玉キャベツのグラタン・庄内あさつきと大根のごまスコサラダ

鯛と新玉キャベツのグラタン

この日は、美味しいキャベツと新玉ねぎが冷蔵庫に残っており、それらを使い切ろうと決めていました。いつもならシチューやお鍋にするところですが、今回はちょっと気分を変えてグラタンに。

甘さととろっとした食感が美味しい、新玉ねぎとキャベツ。そのふわっとした優しい風味に合わせようと、今回はお肉ではなく鯛の刺身用柵を使うことに。どれも春に美味しいものの組み合わせで、柔らかい甘味のある、いつもとは違った美味しさのグラタンに仕上がりました。

今回は、鯛と新玉キャベツのグラタン、庄内あさつきと大根のごまスコサラダをご紹介。


★鯛と新玉キャベツのグラタンの作り方


  1. 鯛刺身用柵に塩、コショーを振り、小麦粉を薄くまぶす。

  2. シチューパンにオリーブオイル、バターを入れて中火に掛け、1の鯛の両面をさっと焼き、取り出しておく。

  3. キャベツは小さめのざく切りに、新玉ねぎは厚めにスライスする。

  4. 2の鍋にキャベツ、新玉ねぎを加え、中火で全体に油を回すように炒める。

  5. 少量の白ワインを加えて蓋をし、強めの弱火で蒸し焼きにする。

  6. 野菜がしんなり、とろとろになったら、小麦粉を加えてダマにならないよう全体をよく混ぜる。

  7. 牛乳を加えて全体を手早く混ぜ、とろみが付くまで混ぜながら煮る。

  8. 仕上げに塩、コショーで味を調える。

  9. 焼いた鯛の柵を載せ、溶けるチーズ、パン粉を掛けてオーブンで焼く。

  • 以前お店で食べた鯛のグラタンが美味しかったので、今回初めて鯛をグラタンにしてみました。刺身用を使えば臭みも無く、鯛のふんわりとした食感とホワイトソースが良く合います。
  • 今回は鯛を焼いても全く臭みが出なかったため、その油で野菜を炒めました。匂いが気になる場合は、油を拭き取ってから新しいオリーブオイルで炒めます。
  • 鯛は切って焼いてグラタンに加えるとボロボロになってしまいそうだったので、敢えて柵のままソテーし載せてみました。食べるときに割りほぐせば、熱々の鯛のふわっとした食感が楽しめます。
  • 今回は刺身用を使ったので、最初の焼く段階では芯まで火が通ってなくてもOK。余熱やオーブンで焼くときに火が入ります。
楽天市場-「ファミリーシチューパン」6件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。

庄内あさつきと大根のごまスコサラダ


★庄内あさつきと大根のごまスコサラダの作り方


  1. 庄内あさつきはさっと湯通しして水けを絞り、ざく切りにする。

  2. 大根は拍子木切りにして塩揉みし、水気を絞る。

  3. ボールに庄内あさつき、大根、コショー、砂糖少々、オリーブオイル、マヨネーズ、レモン汁、ごまスコを入れてよく和える。

  • すっかりお気に入りになってしまったごまスコ。今回はマヨネーズと合わせて少しまろやかに仕上げました。それでも主張する、辛味とごまやスパイスの風味。クセになります。