たけのこの八丁ラグーパスタ・菜の花と鯛の柚子こしょうカルパッチョ

たけのこの八丁ラグーパスタ

桜も散り、そろそろ春の食材は終盤に差し掛かるこの頃。そんな春の名残を楽しみたいと思い、菜の花と筍を使ってワインにあうメニューを作ってみました。

今回は、たけのこの八丁ラグーパスタ、菜の花と鯛の柚子こしょうカルパッチョをご紹介。


★たけのこの八丁ラグーパスタの作り方


  1. たけのこ、椎茸、玉ねぎはさいの目切り、ニンニクはみじん切りにする。

  2. フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクと玉ねぎを弱火で炒める。

  3. 香りがたったら、潰した山椒の実を加え、さらに炒める。

  4. 牛挽肉を加え、ほぐしながら炒める。

  5. トマト缶、ワイン、水、コンソメを加えて煮込む。

  6. 煮詰まってきたら、たけのこ、椎茸を加えて更に煮る。

  7. 好みの濃度になったら、八丁味噌を溶かし入れ、砂糖少々、コショーで味を調える。

  8. 6を好みのパスタに掛ける。

  • 今回は、山椒の風味を活かしたかったので、香辛料やローリエは使用しませんでした。
  • 牛挽肉は、手に入れば一度挽きがおすすめ。食感を楽しめます。
  • 椎茸とたけのこは仕上げの前段階で加えます。煮すぎると食感が無くなってしまいます。
  • 前回の八丁トマト鍋でトマトと八丁味噌の組み合わせにはまってしまいました。今回は和の食材を使ってラグーソースに。そこまで和風味が強いわけではなく、コクのあるおいしいラグーに仕上がりました。

菜の花と鯛の柚子こしょうカルパッチョ


★菜の花と鯛の柚子こしょうカルパッチョの作り方


  1. 菜の花は4等分程度に切り、水に浸けておく。

  2. 菜の花がしゃっきりしたところで、塩茹でにして水にさらし、冷ましておく。

  3. トマトは櫛形切り、鯛は薄くスライスする。

  4. ボールに、オリーブオイル、塩、柚子こしょう、ポン酢を入れてよく混ぜる。

  5. 皿に鯛、トマト、菜の花を盛りつけ、4のソースを回し掛ける。

  • 鯛と菜の花に、柚子こしょうとポン酢の風味を利かせたソースが良く合います。
  • 今回は鯛と菜の花の風味を引き立たせるため、塩を味付けのベースにしました。ポン酢は風味付けのため少量に。