真だら子のそばつゆ炒り豆腐

真だら子のそばつゆ炒り豆腐

この日は簡単に野菜炒めでもと思いつつ、仕事帰りにスーパーへ。するとびっくり、野菜が驚きの高さ。実は元旦以降、おせち食材消費のため野菜をほとんど買っていなかったので、ここまで高くなっているとは知らなかったのです。

そうなると野菜炒めなんてもってのほか。比較的値段が安定している根菜で、急遽別のおかずを作ることに。気分は野菜炒めだったので、なかなかメニューが決まらずスーパーをうろうろ。

そんな中、魚売り場で見つけた立派な真だら子。それも嬉しいことに100円引きのシールも貼られていたので、思わずカゴへと入れました。

スケトウダラの子っこよりも大粒で食感の強い真だら子。その粒々感と海の旨味を活かそうと、炒り豆腐を作ることに決定。たまたま年越しそばのそばつゆも余っていたので、味付けもそれに頼りました。

真だら子から出た旨味を豆腐や野菜がしっかりと吸い、そばつゆの風味もいいアクセントに。これはおつまみにもいいですが、ご飯と合わせてガッツリ食べたい。そんな簡単で美味しいひと品になりました。

今回は、真だら子のそばつゆ炒り豆腐をご紹介。

★真だら子のそばつゆ炒り豆腐の作り方


  1. しょうがはせん切り、にんじんは拍子木切り、玉ねぎはスライスする。

  2. 糸こんにゃくは塩揉みして水洗いし、ざく切りにする。

  3. 真だら子は皮から卵を外しておく。

  4. フライパンにごま油をひき、しょうが、にんじん、玉ねぎ、糸こんにゃくを加えて炒める。

  5. 香りがたったら、焼豆腐を手で潰しながら加え、水気が飛ぶまで炒める。

  6. 真だら子、ちぎった鷹の爪を加えてさっと混ぜ、そばつゆを加えて強めの弱火で煮る。

  7. 好みの具合まで水分が飛んだら、味を見てしょう油で調整する。

  8. 仕上げにごまを加え、全体をさっと混ぜる。

  • 豆腐を加えてから水気が飛ぶまでしっかりと炒めることで、その後の味の入りがよくなります。
  • 今回はそばつゆを使いましたが、無ければしょう油と酒やみりんでもOKです。
  • 焼豆腐の潰し加減はお好みで。今回は真だら子とよく馴染むよう、しっかりと潰しました。
  • 今回は使いませんでしたが、仕上げに溶き卵を加えても美味しそう。