まろやかトマトカレー鍋

まろやかトマトカレー鍋

この日は思いがけない大雪。窓の外の柵には、ほんの少しの間に5cm以上もの積雪が。窓の外を見れば、そこはまるでスキー場か!?と思うような銀世界。東京でもこんなに降ることがあるんですね。

というより、小さい頃は毎年こんなに雪が降る日が何日かあったものです。翌日は決まって授業を中止しての雪合戦。今の東京の子供は、そんなこと知らないんだろうなぁ。今年は寒さといい、雪といい、久々に東京の冬!という冬を感じています。

そんな寒い日にピッタリなお鍋。毎回色々と考えてはいるものの、中々変化を持たせるのは難しいものです。今回は、トマト鍋とカレー鍋を合体させてみました。

間を取り持つのは、お得意の濃厚鶏ガラスープ。このスープのまろやかさにより、トマトの酸味とカレーのスパイシーさが上手く調和された、とっても美味しいお鍋になりました。

今回は、まろやかトマトカレー鍋をご紹介。


★まろやかトマトカレー鍋の作り方


  1. 圧力鍋に水、鶏ガラを入れて蓋をし、強火に掛ける。

  2. 蒸気が上がったら弱火にし、15分加圧した後自然放置する。

  3. ピンが下がったら蓋を開け、泡立て器でガラを砕く。

  4. 再度蓋をして強火に掛け、蒸気が上がったら弱火で15分加圧し、自然放置する。

  5. ピンが下がったら蓋を開け、再度泡立て器でガラをよく砕く。

  6. もう一度蓋をして強火に掛け、蒸気が上がったら弱火で15分加圧し、自然放置する。

  7. ピンが下がったら蓋を開け、ざるでガラを絞るようにしながらスープを漉す。

  8. 玉ねぎはみじん切り、ニンニクはスライスする。

  9. フライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎを中火で柔らかくなるまで炒める。

  10. ニンニクを加えて更に炒め、香りがたったらカレー粉を加えて炒める。

  11. カレーの香りがしっかりたったらトマト缶を加え、さっとひと煮立ちさせる。

  12. 7の鶏ガラスープに11を加え、塩、コショーで味を調える。

  13. 12のスープで、キャベツ、豚バラ、肉団子等お好きな具材を煮て頂く。

  • 鶏ガラスープは市販の素でもいいですが、自分で取ると驚くほど濃厚な白濁スープになります。旨味がギュッと詰まっているので他のダシは一切必要なし。圧力鍋が無い場合は、冷凍の安い手羽先を大量に加えて強火でグラグラ煮れば、同じような状態になります。
  • 今回は、カレーとトマトを馴染ませたかったので一緒に軽く煮ました。トマトの酸味を強く感じたい場合は、火を入れずにスープに直接トマト缶を加えてください。
  • 玉ねぎ、ニンニク、カレー粉を炒めることにより、香りを引き立てます。これをせずにカレー粉をスープに直接加えると粉っぽさが残ってしまうので、面倒な様でも是非このひと手間を。
  • トマト鍋ほどトマトっぽくなく、それでいてカレー鍋ほどカレーが強くも無い。ガラスープのまろやかさも加わり、見た目以上に食べ飽きません。それぞれの強弱も好みで加減できるので、お好きな味に仕上げてください。