鶏がらスープの麻辣鍋

鶏がらスープの麻辣鍋

そんなときに助かるのが、いつも圧力鍋で作る鶏ガラスープ。このスープ自体がしっかり旨味を持っているので、ひとまずこれに適当に調味料を加えれば、意外と何でも美味しくなってしまうのです。

この日は丁度北海道から帰ってきた日。旅行中は和食が多く、久しぶりにメリハリのきいたハッキリした味が食べたいな・・・と思い、ピリ辛に仕上げてみることにしました。

イメージしたのは火鍋。薄めの味付けと香辛料の風味で、スープまで美味しく食べられるお鍋になりました。

今回は、鶏ガラスープの麻辣鍋をご紹介。


★鶏ガラスープの麻辣鍋の作り方


  1. 圧力鍋に水、鶏ガラを入れ蓋をし、強火に掛ける。

  2. 蒸気が上がったら弱火にし、15分加圧した後自然放置する。

  3. ピンが下がったら蓋を開け、泡立て器で鶏ガラを砕き、再度蓋をして強火に掛ける。

  4. 蒸気が上がったら弱火にし、15分加圧した後自然放置する。

  5. ピンが下がったら再度蓋を開け、もう一度泡立て器でしっかり鶏ガラを砕き、蓋をして強火に掛ける。

  6. 蒸気が上がったら10分ほど加圧し、自然放置する。

  7. ピンが下がったら蓋を開け、網で鶏ガラを絞るようにしながらスープを漉す。

  8. ニンニク、しょうがはみじん切りにする。

  9. 小鍋にごま油を多めにひき、ニンニク、しょうがをじっくり炒める。

  10. 香りがしっかりたったら豆板醤、中国山椒を加えて更に炒める。

  11. 10を漉したスープに加え、塩、コショー、しょう油少々、みりんで味を調える。

  12. 豚バラ肉、きゃべつ、ニラ、肉団子などお好みの具材を11のスープで煮て頂く。

  • 鶏ガラスープの取り方はこれまでご紹介したものより加圧が1回増えています。今までの取り方でも十分美味しいのですが、しっかり砕いて煮込むことで、より濃厚なスープが取れます。
  • ニンニク、しょうが、豆板醤、中国山椒はスープに加える前にしっかりと炒めて香りを出しておくのがポイント。ごま油に香辛料の風味が移り、よりスープとの馴染みが良くなります。
  • 鶏ガラスープが濃厚なので、味付けはシンプルにしました。お好みでオイスターソースなどを加えても良いかもしれません。
  • いつものキムチ鍋の辛さとはまた違った辛さが美味しいお鍋です。豆板醤のピリリとした辛さと中国山椒の痺れるような刺激がいいアクセントとなり、食欲が増す上に体の芯から温まります。寒い冬にピッタリです。