つるんとあったかワンタン入りしゃぶしゃぶ

つるんとあったかワンタン入りしゃぶしゃぶ

シーズン突入以来、もう何回鍋が食卓に登場したでしょうか。寒い日に温まりたいときだけでなく、手抜きしたいときやメニューを考えるのが面倒なときなどは、どうしても鍋になってしまいがち。

そんなお鍋も、いつも同じものを食べていたのでは飽きてしまいます。そこでいつもどうバリエーションを持たせるかが悩みどころ。この日はしゃぶしゃぶメインに、何かひとつ違うものをと、手作りのワンタンを入れてみました。

ワンタンは餃子と違い野菜の塩もみも無く、包むのもとっても簡単なので、意外に手軽に作れてしまいます。そしてあのちゅるん♪とした食感が、ポン酢と相性バッチリ。何で今までしゃぶしゃぶにワンタンを入れなかったんだろう・・・。そう思ってしまうほどの出来栄えでした。

今回は、ちゅるんとあったかワンタン入りしゃぶしゃぶをご紹介。


★ちゅるんとあったかワンタン入りしゃぶしゃぶの作り方


  1. ねぎ、しょうがはみじん切りにする。

  2. ボールに豚挽肉、ねぎ、しょうが、しょう油、コショー、柚子こしょう、ごま油、片栗粉を入れて混ぜる。

  3. ワンタンの皮の中心に大豆2つ分ほどのたねを載せ、対角線から少しずらすようにして三角形に包む。

  4. 鍋に昆布だしを沸かし、しゃぶしゃぶ肉、好みの野菜と共にワンタンを煮ながらポン酢で頂く。

  • 本当に簡単にできてしまう手作りワンタン。餃子のようにしっかりと包まなくても、煮ると自然に皮とたねがくっつくので、包むのも大雑把でOK。
  • 今回はポン酢で食べるしゃぶしゃぶなので、ワンタンの味付けは和風にしました。ピリリときかせた柚子こしょうがいいアクセントになります。
  • 挽肉はあまり捏ねすぎない方が、小さいたねでもしっかりとしたお肉感が味わえます。
  • ワンタンの独特のつるりとした食感がポン酢とぴったり。肉団子を直接入れるのとは違いだしも濁らないので、しゃぶしゃぶにもってこいです。