焼き納豆と夏野菜のマルタイキムチ鍋

焼き納豆と夏野菜のマルタイキムチ鍋

一旦涼しくなったかと思えば、また夏の暑さが戻ってきた今日この頃。毎日汗だくになりながら働いていますが、そういうときこそ意識して温かいものを食べるようにしています。

昨日は無性にキムチ鍋が食べたくなり、さらにひとりご飯だったため、いつもは禁じ手の納豆をたっぷりとふんだんに使って鍋にすることに。休みの前だから、にんにくもた~っぷり♪

いつもなら納豆はそのまま鍋に加えるのですが、今回は納豆炒めが美味しかったのを思い出し、こんがりと焼きつけてから鍋にしてみました。

すると納豆の匂いやねばりが抑えられ、大豆の香ばしさが引き出された、コク深い美味しいキムチ鍋に大変身。調理途中は納豆の匂いがしますが、完成品だけ出したら納豆嫌いでも食べられそうなほど、納豆がいい脇役に。

そして今回の調理を簡単にしてくれた名脇役がもうひとり。スーパーで手軽な値段で売られている、マルタイの棒ラーメン。このスープを使えば味付け一発、そして〆に乾麺をそのまま入れてしまえば、美味しいラーメンの完成。この冬は、マルタイラーメンが活躍しそうです。

今回は、焼き納豆と夏野菜のマルタイキムチ鍋をご紹介。

★焼き納豆と夏野菜のマルタイキムチ鍋の作り方


  1. にんにくはスライス、なすは半月切り、トマトは大きめのくし形切り、たらはひと口大に切る。

  2. 鍋にオリーブオイルをひき、納豆を混ぜずにそのまま載せ、強めの弱火で両面に焼き色が付くまで焼く。

  3. こんがり焼けたらほぐし、にんにく、ちぎった鷹の爪を加えて炒める。

  4. 香りがたったらキムチを加え、更に炒める。

  5. 辛味がたったら水、なすを加えて中火で煮る。

  6. なすに火が通り始めたらトマト、たら、マルタイ棒ラーメン添付のスープを加えて煮る。

  7. 仕上げに生卵を落とし、好みの加減になるまで煮る。

  8. 〆は残ったスープを煮立たせ、マルタイ棒ラーメンの麺を加えて煮込みラーメンにする。

  • 今回のポイントは何といっても納豆を焼き付けること。香ばしさがプラスされ、ねばりや臭いが抑えられるので食べやすくなります。
  • 今回は夏野菜を使ったため、相性のいいオリーブオイルを使いました。野菜やオイルはお好みのものでアレンジしてください。
  • マルタイ棒ラーメンを使えば、鍋の味付けに、〆の麺にと大活躍。煮込んでもスープが粉っぽくならないので、鍋との相性はバッチリです。
  • 今回はたらを使いましたが、豚や鶏などのお肉で作っても。