春風浴 ~淡路三都自転車紀行 3日目 ②~

淡路島海沿いの道

道の駅うずしおを後にし、一路今夜の宿のある五色を目指します。国道とは違い、海沿いを走るのんびりした県道は走っていてとても気持ちがいい。

淡路島風力発電の風車

途中には風力発電用の巨大プロペラがいくつも回っていました。これだけのプロペラが勢い良く回るくらいの風ですから、そりゃ辛いはずです。

淡路島海辺の花

温んできた海風に吹かれる黄色い花。小さな春の息吹を感じます。こんなさりげない風景を見つけられるのも、自転車旅のいいところ。

淡路島瓦を使った橋

淡路島は瓦の製造も有名なようで、瓦を多用した面白い橋を発見。このほかにも花壇や垣にも多くの瓦が使われていました。地元の伝統産業を大切にしているのが伝わってきます。

淡路島名勝慶野松原

海を眺めながらのんびり走り、名勝慶野松原に到着。伝統ある松原だそう。

淡路島慶野松原松林の中の小径

老若大小様々な松の中の小径をゆっくり進みます。静寂に包まれた、思わず深呼吸したくなるような空間。

淡路島慶野松原白砂青松

松林を抜け浜へと出れば、そこはまさに白砂青松の世界。この曇り空が悔やまれますが、晴天の日には絶景になることは想像に難くありません。

淡路島慶野松原若い松と老木

松原の中は自由に散策することができ、松の苗木に注意しながらゆったりとした気分で進みます。

枯れた松を補填する苗木の中、ご覧のような老木も数多く植わっています。この松はどれほどの時間、ここに立っているのでしょう。苗木もいずれこんな立派な松になり、松原が永遠に美しい姿であり続けることを願わずにいられません。

淡路島の牛

慶野松原から、お宿のあるウエルネスパーク五色まであと少し。今日の予報は午後から雨。降りだす前に到着したいので、頑張ってもうひと漕ぎ。途中牛さんとご対面。僕、残念ながらキミを食べちゃうんだよ!(かわいそう・・・)

春風浴~淡路三都自転車紀行~
鴨川沿いの桜と愛車
2009.3 兵庫/大阪/京都
旅行記へ