白銀への鉄路 ~列車で行く北海道 スキーとグルメの旅 3日目 ②~

ジェイファーストニセコ前菜

たくさん滑って空っぽになったお腹を抱え、待ちに待った夕食。今日も前菜2品盛から。

ほうれん草の和え物は、ごま油とごまが香るナムル風。シャキシャキのほうれん草は甘味と風味が強く、久々に「ほうれん草を食べた!」と感じることのできる味。

合鴨のスモークは、塩分の加減も丁度良く、白髪ねぎとの相性もいい。これから運ばれてくるお皿への期待が高まります。

ジェイファーストニセコお刺身

続いてはお刺身。今日はイカと甘えびです。どちらも半分はお酒のつまみとして食べ、残りは後から来るご飯のお供に残しておきます。

温かいものは温かく、冷たいものは冷たいうちに食べられるように運んできてくれますが、コースのように、一皿を食べきらないと次が来ないということは無いので、自分のペースで好きな順番に食べられるのもまた嬉しいところ。

ジェイファーストニセコミモザ風シーザーサラダ

お次はミモザ風シーザーサラダ。新鮮お野菜に掛かるクリーミーなシーザードレッシングに、卵の黄身がいいアクセントとなっています。最近居酒屋離れしてしまったので、シーザーサラダは久しぶりでしたが、やっぱり美味しいなぁと実感。

ジェイファーストニセコ鴨つくね鍋

こちらは鶏つくね鍋。塩味のあっさりとしつつもしっかりダシの効いたおいしいお鍋。鶏つくねもふっくらしており、時たま歯に感じる軟骨の食感も美味しいひと品です。もちろん、お味噌汁代わりなのでスープはご飯の時まで取っておきます。

ジェイファーストニセコほ帆立と海老の炊き合わせ

帆立と海老の焚き合わせ。色の薄い上品な仕上がりになっていますが、味は丁度良く付いています。帆立にしっかり浸みただしがまた美味しい。

殻つき海老は剥くのが面倒なのであまり好きではありませんが、プリッとした身を噛めば、手を汚した甲斐があったと感じます。シンプルだけどもきちんと美味しい、ご飯にもお酒にも合う一皿。

ジェイファーストニセコサーモンのソテー

そして本日のメイン、サーモンのソテー。とにかくパリッパリに焼かれた皮が絶品。この香ばしい皮だけでも、日本酒何杯でもいってしまいます。

色々皮の美味しい魚がありますが、その中でもパリパリに焼いた鮭皮が一番だと僕は思っています。そんな鮭皮ファンにはたまらないひと品。

もちろん身のほうもふっくら美味しくソテーされており、鮭特有のパサつき感もありません。添えられたチーズ風味のクリーム系ソースとの相性もバッチリで、鮭の旨さをしっかりと伝えてくれます。

今日もバラエティーに富んだ品々で楽しませてくれました。もちろんこの後は自社農園のほしのゆめをたらふく食べてごちそうさま。お腹がはち切れそうなこの満腹感も、旅先ならではの醍醐味です。

ジェイファーストニセコ雪見露天風呂

食べ過ぎのお腹を落ち着け、また温泉へ。ここの露天風呂は何度来てもまた入りたいと思わせる、僕にとっての名湯。

入ってみてまず驚くのが、そのヌルヌル、トロトロさ。弱アルカリ性の、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉のこのお湯は、肌がつるすべになり温まり方もかなりのもの。

ずっと浸かっているとすぐに熱くなるので、氷点下の肌を刺すような締まった空気でクールダウンさせながら、入ったり出たりを繰り返して満喫します。

そして広さもかなりの広さ。8畳を超えると思われる大きな浴槽に、惜しげもなく源泉が掛け流されています。

そのロケーションもバッチリで、冬季は雪囲いのため浸かりながら景色を眺めることはできませんが、晴れてさえいれば、立てば目の前に雄大な羊蹄山を一望することができます。このビッグパノラマとお湯の良さ。何度浸かっても飽きることがありません。

ジェイファーストニセコで純米吟風国稀

温泉でほっこりしたところで、部屋に戻って本日の日本酒タイム。今日のお酒は、国稀酒造の純米吟風国稀。

僕の知っている国稀よりもコクの強いお酒で、同じ酒蔵でもこれ程変わるものかと感心させられました。純米の濃い目の風味と、バランスの取れた甘味と辛さ。鼻へと抜ける香りも芳しく、チビチビとずっと飲み続けていたい、そんなお酒。

雪に料理に温泉お酒。冬のニセコを大満喫した一日でした。明日の予報は晴れ。もしかしたら今日よりもずっと良いコンディションで滑ることができるかもしれません。その期待に胸を膨らませつつ、静かな夜を過ごすのでした。

白銀への鉄路 ~列車で行く北海道 スキーとグルメの旅~
羊蹄山に登る冬の朝日
2011.2 青森/北海道
旅行記へ