感動大陸、東北の夏。~僕の灼熱七日間 4日目 ③~

弘前ねぷたまつり夕暮れの津軽じょっぱり大太鼓

いよいよ日が暮れ、遠くから津軽じょっぱり大太鼓の音が近付いてきます。

って、いつもならある夕飯の記事がありません。というのも、余りの暑さに軽い熱中症気味になってしまい、ホテルのベッドでダウンしていたのです。皆さん、夏の野外活動は本当に気を付けましょうね。

残念ながら居酒屋けん太へ行くことは叶いませんでしたが、ねぷたの時間までには回復したので、今宵はしらふの状態からねぷた鑑賞スタート。

夜に花開く弘前ねぷた

今年は新しいカメラに変え、これまで以上にきれいにねぷたが撮れたため、たくさん写真を撮ってしまいました。今回は、そんな写真を中心に載せていきます。

夕暮れになりいよいよ弘前ねぷた運行開始

弘前ねぷた宝船の組ねぷた

まだ明るさの残る空の下、いよいよねぷたの運行が開始。

夜空を焦がす弘前ねぷた

弘前ねぷた気分を高揚させる太鼓の音と笛の音鉦の音

空が暮れてゆくにつれ、ねぷたの色彩と明かりが色濃くなり、笛や太鼓の音が気持ちを高揚させます。

威勢よく回す弘前ねぷた

弘前ねぷた夜空を彩る極彩色

威勢のいい掛け声に応えるよう、縦横無尽に暴れるねぷた。

弘前ねぷた子供は金魚ねぷたを手にヤーヤドー

弘前ねぷたを彩る鮮やかな色彩

子供たちも、大人に負けじと金魚ねぷたを手に、やぁ~やど~と練り歩きます。

弘前ねぷた筋骨隆々の逞しい鏡絵

弘前ねぷたモノトーンの美しい見送り絵

筋骨隆々の勇ましいものから繊細なものまで、様々な趣の絵を楽しめるのも、ねぷたの醍醐味。

弘前ねぷた夜空に映える猛々しい絵

弘前ねぷた弘前城と桜の美しい見送り絵

地元弘前のシンボル、弘前城と桜をモチーフにした見送り絵も。

続々とやってくる弘前ねぷた

弘前ねぷた雄々しい組ねぷた

次から次へと、たくさんのねぷたがやってきます。中には、青森ねぶたでは中心となる組ねぷたも。

弘前ねぷたを盛り上げるお囃子とやーやどー

弘前ねぷた観客を煽り激しく回す

熱いねぷた祭りを一層熱くするのが、やぁ~やど~の掛け声と、笛、太鼓、鉦の音。腹の底へと響きます。

弘前ねぷた儚げな見送り絵

弘前ねぷた夏の夜に咲く光の花

向かってくる鏡絵に熱さを感じ、去りゆく鏡絵に美しさと儚さを想う。弘前の夏の夜に咲く光の華。

弘前ねぷた躍動感あふれる鏡絵

弘前ねぷた夏の夜を焦がすねぷたの灯り

次から次へと迫りくるねぷた達。躍動感のある絵が次々と現れては去ってゆきます。

弘前ねぷた二階建てほどもある大きなねぷた

弘前ねぷた勇壮な組ねぷた

祭も後半戦へと差し掛かると、一層大きなねぷたがやってきます。商店街の建物と比べても、そのスケールは圧巻。

弘前ねぷた小さなねぷたが観客を煽る

弘前ねぷた大きなねぷたは後から

小さいねぷたが勢いよく観客をあおり、そのあとから大きなねぷたがついてきます。

弘前ねぷた夜空を燃やす光の洪水

弘前ねぷた色彩の洪水

夏の夜空を燃やす光の洪水。様々な色彩が瞳の奥へと焼き付きます。

弘前ねぷた艶やかな見送り絵

弘前ねぷた一心不乱に駆けまわる

観客の歓声も一層強くなり、祭はいよいよ終盤へ。小回りの利く小さなねぷたが、呼ばれる方へと一心不乱に駆けてゆきます。

弘前ねぷたどれだけ見ても飽きないねぷた絵

弘前ねぷた可愛い組ねぷた

ねぷた祭りは2時間以上に渡り大小さまざまなねぷたが運行。多種多様なねぷたが、見る者を飽きさせません。

弘前ねぷたもうすぐ終わり

弘前ねぷた終盤の盛り上がり

弘前の夜を輝かせるねぷたも今夜はもうすぐ終わり。

弘前ねぷたまつりの後の寂しさ

弘前ねぷた本日終了

これが儚い一夜の夢であったかのように、弘前のねぷたは終わってしまいました。

夏の夜の夢。祭の後の寂しさに、思わずねぷたの後を追いかける。僕の夏も終わってしまったかのような感傷が胸に溢れます。

3回目の弘前ねぷた。終わる前からまた観たい。来年も、絶対にまた来る。去りゆくねぷたに、僕の願いを託すのでした。

★スマイルホテル弘前のプランを探す
じゃらん/楽天/るるぶ

感動大陸、東北の夏。~僕の灼熱七日間~

夏の日差しを浴び元気に育つ稲の穂
2014.7-8 宮城/岩手/青森/山形

旅行記へ