連泊のススメ ~7日間を過ごした花巻との別れ~

大沢温泉最後の朝部屋を片付けチェックアウト

のんびり過ごした大沢温泉とも別れの時間。4泊寝泊まりしたこの部屋ともお別れ。2回目の湯治ともなると、その寂しさもひとしお。

旅先なのに馴染みを感じる。この独特な雰囲気は湯治をした者だけが味わう特別な感覚。またここへ帰ってこなければ。旅館であるのに里心がついてしまう。そんな魅力が、ここにはあります。

江戸時代からの湯治宿大沢温泉

紅葉に守られ佇む大沢温泉自炊部。江戸時代から続くその渋い佇まいを今一度目に焼き付け、再訪を誓いこの地を去ります。

紅葉に染まる大沢温泉に別れを告げる

意を決してバス停へ続く坂を登るも、やはり後ろ髪を引かれ振り向いてしまいます。

そこには色づいた岩手の穏やかな山と、小さくなった大沢温泉。山里の湯、その言葉を体現したかのような姿に別れを告げ、再び歩き始めます。

岩手県交通バス旧塗装

この日は出発が早かったため、送迎バスではなく『岩手県交通』の路線バスで花巻駅へ。このバスに乗ってしまえば、この南花巻温泉峡ともお別れ。

あさぎりに包まれる花巻の田園

6泊7日を過ごした彼の地への感謝を乗せてバスは走ります。最後の朝も、朝霧に煙る車窓。8泊9日という長期旅の最終日。北上で眺めたときとは違う感情が胸を締め付けます。

花巻駅

バスは次第に市街地へと入り、朝霧も姿を消したところで駅に到着。

花巻駅。何度目の訪問、そして何度目の別れになるのでしょうか。きっとまたここへやってくるに違いない。確信ともいえる願いを胸に、見慣れた駅舎を眺めます。

花巻駅そばかき揚げ月見そば

この旅最後の朝食は、花巻駅の駅そばで食べるかき揚げ月見そば。しょう油をしっかり感じるつゆを吸ったボリュームのあるかき揚げが旨く、一気に平らげました。

北上から花巻へ。この狭いエリアで過ごした9日間ももうすぐ終わり。帰京までの間、もう少しだけ岩手を愉しみ、東京へ「行く」ことにします。