盛夏万緑、みちのくへ。~ヤーヤドーに逢いたくて 3日目 ①~

夏の蔦温泉旅館で迎える爽やかな朝

八甲田の懐に抱かれ迎える朝。早めに目覚め、きれいな湯に漂うひととき。足元から生まれる湯に撫でられつつ、朝風呂という泊った者のみに許される贅沢を味わいます。

夏の蔦温泉旅館朝日に照らされる渋い木造建築
ゆったりとした朝の湯浴みを愉しみ、火照った体を冷やしに朝の散歩へ。夏と言えどもまだこの時間は清涼な空気が漂い、湯上りの肌から心地よく熱を奪ってくれる。目覚めたらすでに猛暑という僕の住む街では味わえない、自然のもたらす爽やかさを胸いっぱいに吸い込みます。

夏の蔦温泉旅館1泊目朝食
十和田の空気で心も満たされたところで、お待ちかねの青森の味でお腹も満たすことに。朝食はバイキングとなっており、美味しそうな地のものがずらりと並んでいます。

鰊は麹焼きにされ、豊かな風味旨味がより一層凝縮されご飯にぴったりの味わいに。青森名産のしじみの青唐和えも、詰まった貝の旨味とぴりりとした辛味がホカホカのご飯をご馳走にしてくれます。

たらこもプチプチと食感がよく、イガメンチはキャベツの甘さといかの旨味と食感が最高の組み合わせ。何度食べても旨い青森の郷土の味に、白いご飯が止まりません。

他にもわらびの漬物やひじき煮、青森名産のとろろなど、気付けばご飯を3杯も平らげてしまいました。いやいや、朝食も大満足。朝から青森の恵みに満たされ、大満足で部屋へと戻ります。

夏の蔦温泉旅館あづまし処楓の間
畳でゴロゴロと満腹のお腹を落ち着け、再び湯屋へ。源泉湧き流しという贅沢を全身に受け、心身共にほぐされる感覚を味わいます。その帰り、休憩施設であるあづまし処楓の間へと立ち寄ることに。元は宴会場だったというこの大広間、欄間の見事な木々の姿が目を引きます。

夏の蔦温泉旅館あづまし処楓の間から望む豊かな緑
楓の間には蔦の美味しい水とお茶が用意され、湯上りの火照った体を優しく潤してくれます。喉に感じるひんやりとした感覚を味わいつつ、椅子に腰掛け眺める庭。奥に落ちる滝の水音と共に、大きく開け放たれた窓から流れ込む風。エアコンなどいらない。日本家屋の涼しさには、いつものことながら驚かされます。

夏の蔦温泉旅館湯上りに冷たいラガーを
午前からのんべんだらりと過ごす贅沢。これだから、連泊はやめられない。窓越しに感じるチェックアウトの賑やかな気配が終われば、祭りの後のように静寂が訪れる。そんな瞬間を、独り占め。一度連泊の味を知ってしまうと、もう後戻りはできません。

夏の蔦温泉旅館ビール片手に眺める本館客室の見事な床の間
湯上りの苦いラガーを片手に眺める、見事な床の間。大きな柱にはこの温泉の名の由来ともなった蔦が這い、宿の歴史を物語るかのように鈍く輝きます。自然木の味わいをそのまま活かした柱や梁に、何度見てもため息が漏れてしまう。

夏の蔦温泉旅館オリジナルのりんごカレーうどん
昼飯前のビールという甘美に食欲を刺激されたところで、レストランへと向かい昼食をとることに。ランチは日帰りでも利用でき、色々なメニューが揃います。そんな中僕が選んだのは、りんごカレーうどん。蔦温泉オリジナルだというカレーを、うどんに仕立てたものです。

まずはおつゆをひと口。あ、りんごカレーだ。りんごの味をダイレクトに感じるわけではないのですが、辛さの中に華を添えるフルーティーさがとても印象的。甘さと辛味のバランスが絶妙。うどんは稲庭を思わせるような細身のもの。つるつると滑らかな舌触りのうどんがつゆを適量持ち上げ、ちょうどよい塩梅で口へと運ばれてきます。

熱さとスパイシーさに大汗を掻きつつも、気付けばあっという間に完食。他にも郷土料理のけの汁をうどんにしたもの等もあったので、この宿にはまた連泊しなければなりません。

夏の蔦温泉旅館桃川杉玉純米酒でいけない昼酒を
喰って、寝て、浴びて。いけない怠惰が支配する連泊の贅沢。そんな昼下がりを彩るのは、これまたいけない昼酒という誘惑。お風呂の合間にと、おいらせ町は桃川の造る杉玉純米酒を開けてしまいます。

桃川は好きな銘柄のひとつですが、この杉玉は飲み応えを感じるしっかり目の飲み口。きりっとした日本酒の風味の中に、お米の味わいがふくよかに詰まっています。

東北の夏、僕の夏。毎年こうして愛する東北で過ごせるという、筆舌を尽くしがたいほどの幸せ。窓に広がる鮮やかな緑と風に包まれ、お酒以上にこの瞬間に漂う幸福感に酔いしれるのでした。