やぁーやどーに魅せられて ~津軽の熱い夏 1日目 ④~

弘前ねぷた

弘前ねぷた鮮やかな見送り絵

辺りはすっかり暗くなり、ねぷたの輝きがより一層増します。津軽の熱い夜はこれから。まだまだ続きます。

弘前ねぷたを熱くする太鼓の音

弘前ねぷた組ねぷた

弘前ねぷた勇壮な鏡絵

弘前ねぷた津軽の短い夏

弘前ねぷた迫力ある鏡絵

弘前ねぷた扇ねぷたと組ねぷた

弘前ねぷた夏の夜を彩る光

弘前ねぷた勇ましい絵

弘前ねぷた独特の太鼓のリズム

連なる太鼓が奏でる独特のリズム。やぁーやどぉーの掛け声や鉦の音と共に、見る者の胸を赤く染め上げます。

弘前ねぷたさまざまな題材

弘前ねぷた燃えるような武者絵

弘前ねぷた連なる光

弘前ねぷた鮮やかな見送り絵

弘前ねぷた扇ねぷた

弘前ねぷた次から次へと来るねぷた

弘前ねぷた上に乗り指揮を執る

弘前ねぷた勇ましい武将

弘前ねぷた大きなねぷたは止めるのも一苦労

弘前ねぷた回して観客を煽る

2階建ての建物ほどもある大きなねぷた。引くのも、止めるのも一苦労。ねぷたに乗った人の合図で、力を合わせてねぷたを回します。

弘前ねぷた津軽の殿様とりんごの組ねぷた

夏の夜に燃える弘前ねぷた

弘前ねぷた大きな組ねぷた

弘前ねぷた担ぎねぷた

こちらは担ぎねぷた。こんな大きなねぷたを人力で担ぎ、市内を練り歩きます。

次々とやってくる弘前ねぷた

弘前ねぷたも佳境に

夏の夜に浮かぶ弘前ねぷたの灯り

最初の1台が出陣してから2時間半以上。最後のねぷたを見送り、会場を後にします。

市内を練り歩き戻ってきた弘前市役所ねぷた

帰り道では、既に市内を練り歩き帰ってきたねぷたと遭遇。これほどの台数と時間とは思っていなかったので、そのスケールの大きさに圧倒されてしまいました。

弘前ねぷた最後のねぷたの後を追う

最後のねぷたの後を追い、ホテルへと戻ります。想像以上の迫力の弘前ねぷた祭り。勇壮なその姿に、体の芯まで響く太鼓に、心を揺さぶる掛け声に、全てに痺れ、熱くなる夜でした。

やぁーやどーに魅せられて~津軽の熱い夏~
弘前ねぷた迫力ある鏡絵
2012.8 青森
旅行記へ