ヒガシマルで下仁田カレー南蛮ポークソテー・りんごとにんじんのハニーマスカルポーネサラダ

この日は無性にカレー味のものが食べたくなり、ちょうど厚めの豚肉が売っていたので、カレー味のポークソテーにすることに。

そのままカレー粉をまぶして焼いても良かったのですが、この時期はねぎが美味しいので、甘くてとろっとした食感の下仁田ねぎを使ってカレー南蛮風に仕上げてみることに。

味付けは簡単、ヒガシマルのうどんスープと酒だけ。それでもしっかりだしのきいたカレー南蛮味になってくれる。もうヒガシマル、手放せません。

今回は、ヒガシマルで下仁田カレー南蛮ポークソテー、りんごとにんじんのハニーマスカルポーネサラダをご紹介。


★ヒガシマルで下仁田カレー南蛮ポークソテーの作り方


  1. 下仁田ねぎは薄い斜め切りにする。

  2. 豚ソテー用肉は筋切りし、包丁の背で軽くたたく。

  3. 2の豚肉に塩、コショーで下味を付け、小麦粉を軽くまぶす。

  4. フライパンにオリーブオイル、バターをひき、3の豚肉を中火で焼く。

  5. 表面がこんがりと焼けたら裏返し、裏面も焼き色が付いて火が通るまで焼き、皿に盛る。

  6. 5のフライパンに下仁田ねぎを加え、中火でしんなりするまで炒める。

  7. 酒、ヒガシマルうどんスープ、カレー粉、少量の水を加えてさっと煮詰め、豚肉の上に掛ける。お好みで七味を振っても。

  • 今回の立役者はやっぱり鉄のフライパン!ただの豚を焼いただけなのに、カリッとジューシーなご馳走に変身。久々に鉄パンで単純にお肉を焼きましたが、惚れ直してしまいます。
  • 今回は豚リブロースを使いましたが、カレー南蛮ソースは鶏や赤身の牛肉、白身魚にも合いそうです。
  • 下仁田ねぎは強めの火で炒めることで香ばしさと甘さが引き立ち、ほどよいしゃきっと感も味わえます。
  • 最後に加える水はうどんスープを溶かすためなので少量で十分。多すぎると水っぽくなったり、煮詰めるのに時間が掛かって豚肉が冷めてしまいます。

りんごとにんじんのハニーマスカルポーネサラダ


★りんごとにんじんのハニーマスカルポーネサラダの作り方


  1. りんごは薄いいちょう切りにする。にんじんはせん切りにする。

  2. ボールにマスカルポーネチーズ、パルメザンチーズ、はちみつ、レモン汁、オリーブオイル、コショー、バジルを入れてよく混ぜる。

  3. 2にりんご、にんじんを加えてよく和える。

  • にんじんは細めに切った方がりんごの食感と馴染みが良くなります。
  • コショーとバジルをきかせることで、ほんのり甘い中にもアクセントが生まれ、白ワインにもよく合うようになります。
  • お好みでレーズン等を加えても。