旅は未知連れ酔わな酒 | 旅情家しまちゅうの、電車バスを利用した国内ひとり旅と、目分量レシピに特化したブログ。since2007
旅の宿

あおさ全力、やいまな日々。~肌もこころも夏焦がれ 1日目 ②~

ホテルイーストチャイナシーにチェックインし、夜の宴へ。石垣島酔い処っで旨いつまみと酒に酔いしれます。
旅行記

あおさ全力、やいまな日々。~肌もこころも夏焦がれ 1日目 ①~

6月下旬、愛する八重山へ。うちなーの翼ならではの快適な空の旅を愉しみ、1年ぶりとなる愛する地との再会を果たします。
旅の宿

鮮緑したたる奥鬼怒へ ~ゆるっととちぎ大満喫 1日目 ①~

電車とバスを乗り継ぎ、6時間かけて奥鬼怒へ。念願の八丁の湯で、まずはおいしい煮込みうどんに舌鼓を打ちます。
スポンサーリンク
旅の宿

鮮緑したたる奥鬼怒へ ~ゆるっととちぎ大満喫 1日目 ②~

八丁の湯で味わう贅沢な時間。優しいお湯に抱かれ、山の幸のご馳走に舌鼓を打ち。関東の最奥には、深い夜がありました。
旅の宿

鮮緑したたる奥鬼怒へ ~ゆるっととちぎ大満喫 2日目~

八丁の湯で味わう連泊の贅沢。良い湯、雨に艶めく豊かな緑、おいしいご飯。これを贅沢と言わずして、何を贅沢と言うものか。
旅の宿

鮮緑したたる奥鬼怒へ ~ゆるっととちぎ大満喫 3日目 ①~

八丁の湯で鮮緑を浴び、別れを告げる奥鬼怒の地。関東の最奥は、そこでしか味わえない豊かさに溢れていました。
旅グルメ

鮮緑したたる奥鬼怒へ ~ゆるっととちぎ大満喫 3日目 ②~

蔵の街栃木で出逢う歴史溢れる建物たち。水路と旧街道に沿って続く味わい深い街並みと、おいしい田楽やクラフトビールを味わいます。
旅行記

鮮緑したたる奥鬼怒へ ~ゆるっととちぎ大満喫 3日目 ③~

旧例幣使街道である蔵の街大通りに沿い、古き良き建物を愛でつつ歩く栃木の街。この街は奥が深い。また時間を掛けて再訪せねば。
旅グルメ

鮮緑したたる奥鬼怒へ ~ゆるっととちぎ大満喫 3日目 ④~

佐野の老舗中国料理店角半で味わう、手作り餃子と自家製手打ち佐野ラーメン。今回の旅は、心底とちぎを満喫できました。
旅行記

新緑浴 ~若葉の岩手はまぶしくて 1日目 ①~

やまびこ号で初夏の岩手へ。駅弁倉敷小町で西日本の味に触れ、田植え時期の豊かな車窓にこころを打たれます。
スポンサーリンク