がっこわさびガーリックだれの鰹たたき

がっこわさびガーリックだれの鰹たたき

この日は、とてもおいしそうなかつおがスーパーに売っていたので、迷わずかつおのたたきにすることにしました。いつもならポン酢にその時の気分に合わせた香辛料を入れるのですが、今回はちょっといつもとは違った雰囲気にしようと考えてみました。

そこで思い出したのが、秋田土産のいぶりがっこ。そうだ、いぶりがっこの燻製感は、きっとたたきに合うはず。いぶりがっこは塩味なので、塩たたきにしよう。そういえば以前塩たたきで食べた、にんにくとわさびのコラボが美味しかった。よし、これで決まり!!

というような具合で、頭の中でたれの組み立てが完了。いざ作ってみると、これがまた旨いのなんの。焦がしにんにくといぶりがっこの香りがかつおを一層スモーキーにし、よりたたき感が増します。

そしてやっぱり、にんにくとわさびが良く合う。自分では思いつかない薬味の組み合わせは、やはり外で美味しいものを食べて気付くからこそですね。

それにしても最近、自画自賛のレシピが多い気がします。これは僕の腕が上がったんじゃぁない。いぶりがっこ先生のおかげ。いぶりがっこのポテンシャルの高さに、どんどんと創作意欲が湧いてきます。

今回は、がっこわさびガーリックだれの鰹たたきをご紹介。


★がっこわさびガーリックだれの鰹たたきの作り方


  1. いぶりがっこは粗みじんに、にんにくはみじん切りにする。

  2. フライパンにごま油を多めにひき、いぶりがっこ、にんにくを極弱火でじっくり炒める。

  3. 香りと塩分が十分に油に移ったら、火を少し強めてきつね色になる手前で火を止める。

  4. 少し冷めたら味を見て、塩、コショーを加えて調整し、食べる直前にわさびを加えて混ぜる。

  5. かつおのたたきを切って皿に盛り、4のたれを載せる。

  • いぶりがっこ、焦がしにんにく、わさびの組み合わせが抜群の美味しさ。今回はかつおのたたきでしたが、赤身のステーキや豆腐サラダに掛けても美味しそうです。
  • いぶりがっことにんにくは焦げないよう弱火で香り出しし、仕上げに揚げ色を少し付けます。火を止めた後も揚がっていくので、きつね色手前で火を止め焦げを防ぎます。
  • 家では出しにくいたたきの香ばしさですが、いぶりがっこと焦がしにんにくの香りがそれを補い、燻し感のある美味しいたたきになります。